何ニャン!ルアーフィッシング海のルアー メバル ≫ ルアー操作     サイトマップ


メバル・ルアーの操作方法

 メバルの釣り方基本編はメバルの釣り方テクニック編で説明しましたが、メバルの
ルアーフィッシングで一番に良く使うジグヘッド(ルアー)の操作方法について、説明
しておきます。
 メバルの場合の基本は、ただ巻きと、一定層を探りながら釣る事はジグヘッドも同じ。

 同じ場所でのメバルの食いが落ちてきたとき、色を変えたりルアーの種類を変えたり
するとまたメバルが食い始めるなんて事は聞いたこともあるでしょう。
 もっと簡単に変えてみる事が出来るのはルアーの操作方法。 ワームやルアーを
付け替える前にルアーの動かし方にも変化をつけましょう。

メバル釣りのルアー操作


ルアー操作方法! メバルの基本の基本

 メバルのルアー釣り!ルアーの操作方法、基本の基本

 一定層のスローリトリーブ(巻く)、これはメバルのルアー釣りで基本のルアー操作
 大半の場合、水面から浅い位置だけを釣れば十分に釣れるのですが、メバルのシーズンと
場所などで若干の違いがあります。
 一番にメバルの釣れる水深を見つけるのが、数多くのメバルを釣り上げる近道で、カウント
ダウンと言われる方法が一般的です。
 カウントダウンと言っても、自分の中の自分時間でOK。
 1カウントが二秒でも言い訳で、だいたい自分の中で(自分時間)数えましょう。

 投入後、ただ落とすだけですが、使用ルアーやワームで変わります。 昼間の釣りで感覚
を見てイメージしておきます。 実際は潮流や風、仕掛けなどで変わりますので、自分感覚
でOKで、意識しながら釣る事でゲーム性が高まります。



高活性のメバルにはトップ巻き。

 メバルのルアー操作、トップ巻き

 メバルも立派なフィッシュイーター。 肉食魚でもあるメバル達の活性があがると、水面で
泳ぐ小魚を狙って飛び出しています。(ボイルと言う)
 まあ、これほど活性のいい場所に出くわすのは稀な感じもしますが、小魚の接岸シーズン
や場所、時間帯には凄い数のボイルを見ることも出来ます。

 そんな場合はトップ巻き!灯りの下などでは追いかけてくるのが見えたり、ピックアップ
寸前に飛びつくなんて高活性のメバルも居たりします。
 のべ竿やウキ釣りでは出来ない楽しさです。 ルアーながらのドキドキわくわくの釣りの
楽しさを存分に味わえます〜。
 潮の流れ、時間帯などを見極めながら時合を見極めましょう♪



広範囲に散るメバルに、リフト&フォール

 メバルのルアー操作、リフトとフォールのルアーの動かし方

 メバリングの基本、ただ巻きとは真逆の釣りになりますが…。
 巻きながら沈ませたり…持ち上げたり…また下げて…また持ち上げてると何時の間にか
手前に仕掛けが来ている。 そんな釣り方。
 コツは持ち上げるときにはロッドを立ててリールを巻き、下げるときにはカーブフォールで
落としたり、ロッドを下げて落としてみたりしましょう。

 広く広範囲を探る事が出来るのが特徴ですが、メバルの場合はこんな方法をしている
時は釣れていない時です。 海の場合、少し手前でも物凄く深い場合もあります。
 大型船の入る場所なんかでは特に深かったりします。
 何も目標の無い場所で釣りをする時や、メバルの活性が低いとき等にお勧め。



カーブフォール メバルを狙い撃ち。

  ルアー操作、カーブフォール

 カーブフォールと言われる、この操作方法は、ルアーを投げ入れてラインの放出を
止めてしまいます。 そうすると、ルアーはラインに引かれながら重みで沈んで行きます
ので結果的にカーブするように手前に沈んでいきます。
 この方法を、カッコよく呼ぶとカーブフォールと言います。

 ある対象物に狙いを定めて、その近辺に居るであろうメバルを誘い出すイメージで
使用します。(図の太い線の部分で釣る感じです。)

 ロープであっても船でも藻でもいいのですが、巻くと早すぎたり下まで探れなかったり
する場合、この方法ならメバルの目に止まる時間も長くなります。また、ヘッドの重みで
ゆっくりと動きますので見つけたメバルは追いかけてきます。
 対象物の向うに投げて上まで巻いてきて、そこから落とすなんて使い方もできます。

 目に見えないストラクチャー(岩場)などでも、そこに何かあると思うならカーブ
フォールで誘ってみましょう。 釣りは絶えず水中の想像が大切です。



ボトムトレース 低活性・大物メバルを狙う。

 メバルのルアー操作、底をトレースしよう

 ボトムトレースなんて横文字で書いてますが、底付近を探るルアー操作方法で、
カサゴなどを釣りたい場合は、より底を意識して釣りますが、メバルの場合は少し
底を切るくらいがいいです。
 岩なら当ったり、かすったりする位で巻いてくるといいようです。
 投入後、根がかりを避けるためにカーブフォールで落とし、ロッドを軽く握って巻き
ましょう。 垂直に落としていくより、根がかりが減ります。

 ・з・)メバルの場合は、昼間に多用します。
 夜にこんな釣りしてたら、メバルが釣れない日で駄目ですね〜。

 釣れない時間帯やカサゴでも釣りたい時に有効。
 *゚∀゚)ノ 思わぬ大物メバルに出会えたりもする釣りではあります。



トゥイッチ…巻いて…トゥイッチ…

 ルアー操作、トゥイッチ編。メバルの活性を引き出せ!

 この操作方法は、ジグヘッドよりもメバル用プラグで多用されます。 特にミノーで良く使用
されるテクニックなのです。 メバルの場合は、あくまでも基本はただ巻きのスローリトリーブ。
この操作方法は、食いが落ちた場合の変化の一種や、活性の低いメバルの注意を引く方法
くらいに考えましょう。

 常夜灯の周りではキラキラと乱反射しますので効果的です。大事なのは、無駄にさせすぎ
ない事です。 ロッドの先端の弾力を使用し、軽く弾ませる感じです。
 大事なのは、トゥイッチの反射でメバルにアピールし、その後のただ巻きで食わせる事です
ので、ただ巻きと組み合わせて使いましょう。

 *゚∀゚)ノ キラキラさせてメバルの興味を引き寄せるのだ♪



流れによるルアー操作方法

 流れによるメバルのルアー釣り。

 ここまで紹介してきたものは、距離と深さの二次元の世界です。
 実際の釣り場には奥行き(投げる位置)が加わって三次元の世界です。 ここでは、
その流れによる横方向の話をしておきます。

 実際の釣り場で、風も潮流の流れの影響を一切受けないなんて釣り場は皆無でしょう。
なんらかの影響があると思いますが、最も影響を受けるのは潮流です。
(^^)中級者なら常識ですが、初心者の人は読んで下さい。上の図は、右方向へ潮が動いて
いる場所で釣る場合で、風の影響は無いものとします。

 
ルアー操作 ■■赤のコース■■
 潮流に対して、流れと同じ方向に巻く場合ですが、潮流よりも遅く巻くと底に沈みます。
 流れが速いときにはこのラインを通すのが釣りやすいと思います。


ルアー操作 ■■青のコース■■
 潮流の方向に対して垂直に巻く場合ですが、潮流の影響で流されながらカーブします。
 メバルの仕掛けは、重いタイプでも重さ的にはたいしたこと無いので、ラインの抵抗でこの
ような軌跡で巻いて来る事になります。
 一定層を巻くには、いつもよりユルユル巻きを心掛けます。

ルアー操作 ■■黒のコース■■
 潮の流れが速くなってくると、潮流に負けない重いシンカーに変えたり、メタルジグに
変えたりします。 あえて軽いワームで、ラインを止めておくとこのような動きをします。
 無理に巻くよりも良かったりします。 ラインを放出しながらジグヘッドを泳がせて釣り
上げるなんてテクも慣れてくると出来ます。 (意外と釣れたりします。)

・з・)プチテク!
 型のいいメバルは、常夜灯の灯りが届くか…届かないか…の付近に居たりします。
 この方法なら効率的に探れそう〜


ルアー操作 ■■緑のコース■■
 潮流に対して逆らうように巻く場合です。流れの速さにもよりますが、巻かなくても浮き
上がり、変に抵抗のあるルアーでは釣りにくくなります。

・з・)プチテク!
 この方向は、物凄く離れた場所までワームを流したり出来ます。抵抗を感じながら少し
づつラインを引き出しながら仕掛けを沈ませます。
 ある程度の重さのジグヘッドで、ラインを水面に沈ませ、絶妙のバランスで動かします。
 一投から回収まで3分〜数分かけて釣る方法で、絶対にメバルが居る!風が強い日だ!
流れが強い釣り場!ここでしか釣りにならない!なんて状況でする釣りです。
 コツは、風を背に受けて仕掛けを投げる事。 
 ヾ(´ε`;) 風や流れで釣りにならない日こそ、ジックリジックリ釣るメバル釣りです。



何ニャン!ルアーフィッシング海のルアーメバル ≫ ルアー操作     海のサイトマップ



 ■メバル関連リンク■

メバルの分類メバルの釣り分け大物メバルメバルのテクニック

梅雨のメバル釣りメバルのリリースメバルの磯釣り昼間のメバル釣り

流れのメバル釣りメバルの料理 | 砂浜でメバル釣り 


 ■メバルの仕掛け関連■
メバル仕掛けメバルのルアー色ワーム分類ジグヘッド専用リール

メバル用ロッド メバル用ライン便利釣具遠投仕掛け | ロッドを2本持つ



スポンサーリンク