何ニャンルアーフィッシング海のルアーメバル ≫ ポイント      サイトマップ


メバルの分類による釣り分けとポイント

メバルのルアーフィッシング

3種類のメバル分類(青メバル・本メバル・藻メバル)
共通の要因とポイント

 メバルを数多く釣り上げれば釣り上げるほど、やはり3種のメバルは釣れるポイントも習性も違う
という事に気がつきます。 (3種のメバルは共通点もたくさんあるのですが…)
 それは、時間・潮周り・天気の3点。他にもありそうだけど、僕が一番に気を使うのがこの3点。
メバルに限らず以下の3点は、他のロックフィッシュでも共通の要因になるでしょう。

メバルの分類。青メバル・金メバル・茶メバルの写真の紹介

 (゚Д゚)ノ あえてシーズンや海域は含んでいません。



■1番目 時間
 メバル釣りにおいて、実際これが一番大きい要因です。
 全然メバルがいね〜よ!釣れね〜!と文句ばかり言っていても、時間が来て日が沈む頃には、
何らかのメバルが釣れます。
 潮が悪くても、小さいながらのメバルは釣れる確立は高まりますし、ちいさなメバルさえ釣れない
ようなら釣り場所に問題があるのでしょう。
 これはメバルの習性によるもので、夜になると隠れていたメバル達も出てきて、活発にエサを
探しています。 カサゴ達もエサを探しているので、その釣り場の活性は一気にあがります。

・з・;) 夕暮れ時に一匹のメバルも釣れない場合は、かなりやばい状態にあると焦りましょう〜
 (その場所でのノーフィッシュ確立が上がります。)



■2番目 潮
 時間の次に大きな要因は、海ならではの潮の満ち引きでしょう。 諸説イロイロありますが
やはり魚は満潮前後に良く釣れます。 潮が止まった様に感じる時間があるのですが、満潮時
なら釣れますが干潮時の潮が止まると僕の経験では釣れなくなりますし、場所によっては釣りに
ならないような場所もあります。
 月の引力で上下する水面ですから、魚の浮き袋に関係し動きやすくなると言う説もありますが
魚に聞いた訳でもなし…。

 ≫月と潮との関係
・з・)まあ、単純に満潮に合わせて魚が近場に寄ってくるのですよ。 潮が動かないよりも動く
ほうが釣れるし大潮ならもっと釣りやすい。
 釣りに行ける時間帯が、満潮前後。しかも夕暮れ時ならラッキー位で覚えときましょう。


■3番目 釣り場の天気
 2番目の潮とも何らかの関係はあるのですが、天気の問題があります。「メバルは凪を釣れ」と
言う有名な台詞があるとおり、天気が荒れるとメバルの釣果はガクッと落ちてしまいます。
 多少の風なら意外と水面下は穏やかなものですが、細い仕掛けのメバル釣りには何かと
トラブルにも繋がりますし、風でラインが落ち着かないなどど言うことにもなります。
 もっと荒れるとメバルは隠れてしまいます。釣り人は、障害物周りを釣るという繊細な釣りを
要求される訳ですが…風が邪魔をして(#゚Д゚)ノ 釣りにならん!!…となる訳です。

 少しくらいなら荒れた方が大物メバルが食ってきたりもありますが、基本は穏かな海が基本。
 
 ≫梅雨のメバルについて説明しています。



メバルの分類による釣り方とポイント変化

 僕は3種類のメバルを釣り分けるなんて器用な事が出来るわけも無く…。いつも歩いて歩いて…
あまり深場は探らずに釣り歩くのがいつものメバル釣りスタイル!
 それでもメバルの数をこなしていくにつれて、何となく生息地域に違いがあるな!と思うように
なりました。
 もちろん、絶対ではありませんが、一般的に雑誌などで言われている傾向が強いと思います。

(^^)判りやすく釣り場のポイントにプロットしてみました!
 港のポイントの場合と思って下さい。

 
青メバルのポイント (サバメバル・白メバル)
 
本メバルのポイント (茶色メバル)
 
藻メバルのポイント (金メバル)

三種類のメバルの生息場所!メバルのポイント


藻メバル(金色メバル)ポイント

 このメバルは藻の中、海草の近くでよく釣れます。特に藻が密集したポイントでは数は減りますが、
昼でも釣れる事があります。
 その傾向は夜でも言えることで、明るい間に藻の位置を覚えておくと暗くなってから役立ちます。
 藻の場所に灯りが絡めば言うことなし!同じポイント一つでも何匹もあがったりしますので、明るい
間に何箇所か見つけておくといいでしょう。
 φ(・ω・。)僕は明るい間にウロウロしてはこういったポイントを見つけておき、暗くなる頃には釣り
歩きます。 もちろん友達には黙って…(せこい)

 昼間は藻の横ギリギリか藻の中を釣るイメージでルアーを投げ入れます。軽めのジグヘッドを
カーブフォールでゆっくりと沈めて、藻に引っ掛けるイメージです。適当にチョンチョンさせて誘って
いると釣れます。
 そこでジグヘッドの針をむき出しにしないようにします。そうすると、藻の茎などにフックが刺さる事
が激減しますのでメバルが釣りやすいです。

   メバルのジグヘッドちょん掛け       メバルのスプリット仕掛け

 スプリットはラインを張っているだけでも泳いでいますが、ジグヘッドは安定しません。泳がせる
というよりも落として引っ掛けましょう。

 夜になると普通の刺し方に戻します。特に引っ掛けるようなことをしなくても藻の側を通すだけです
ので、フック剥き出しでも海草などに引っ掛かることは少なくなります。

 取り込みの注意としてはフッキング後には藻場から早めに引き離す事でしょう。変に遊んだり
ドラグを鳴らしたりしていると海草に絡まれてあがらなくなります。

  ≫藻メバルの写真(ルアーで釣った魚コーナー)


本メバル(茶色メバル)ポイント

 このメバルは夜なら意外と何処のポイントでも簡単に釣れちゃいます。
 港や防波堤、護岸でも居ます。明るい港などでは小型なら無数に群れていますし、小さなジグヘッド
で釣り歩けば本メバル大漁です。
 しかし…(´Д`)小さいんだよな〜。
 こういった人気ポイントで釣れる本メバルは小さい! 10センチ前後ばかりです。釣っても釣っても、
お持ち帰りは出来ないことが多いです。

 主なポイントとしては、船の下やロープ…杭やスロープ…何でもいいです。灯りに絡む変化や障害物
には、大抵は数匹は付いていると思います。
 少しでも大きなものを釣ろうとすれば、少し離れた場所がポイントです。目安は、のべ竿メバル釣り師
に届かない場所(ポイント)が狙い目です。
 ルアーを遠投しなくては届かない浮き桟橋や杭。 光の境目のロープや浮き。そう言った場所では
少しサイズアップする場合もありますが、(・ω・。)ノう〜ん…と悩むほどが多いのが現実です。

 本当に大きなメバルを狙おうとすれば、釣り荒れしていないポイントで釣るのが一番いいでしょう。
 車で行けない場所に行くのが良く、渡船などで島の港などに渡ると、同じ様な釣りをしても釣れる
メバルのサイズが一回り大きくなります。

 年に数回ですが渡船で
磯場に渡るのですが、岩場では大きなメバルが釣れたりします。
 磯場でメバルを釣る人が少ないという事もあるかもしれませんが、生態によるものだと思います。
 幼魚期には湾内などで過ごし、成魚になると沖に出て深場や
磯場に付くと聞きます。それで大きな
メバルが釣れるのかもしれませんね。 (大物メバルへの道

 最後になりましたが、本メバルは昼間の明るい間は、3種の中で一番釣れない様に思います。
あれだけ小さいメバルが居るはずなのに、当たりが全然ありません。
 時々、小さいメバルが居るのを昼でも発見しますが、昼間は無反応です。

  ≫本メバルの写真(ルアーで釣った魚コーナー)


 
■磯でのメバル釣り注意点■
 磯での釣りには危険性が高まりますので、それなりの装備が必要になります。ライフジャケットは
もちろん磯靴なども必要になります。
 瀬戸内海の島の磯では、海流が川のように流れていたりします。それは見てるとゾッとする光景で
これに流されたら泳げないよな〜と思うような潮の速さです。
 お手軽なルアー釣りと何度も書きましたが、こんな釣り場では、磯釣りをする人並みの装備が
必要ですので気をつけましょう!

  ≫メバルの磯釣の危険


青メバル(サバメバル・白メバル)ポイント

 このメバルは僕の地元の岡山県の釣り場では少ないように思います。渡船などで島に渡れば
釣れない事も無いメバルですが岡山・香川付近では数は少ないのではないでしょうか。
 岡山県では島の港に渡るよりも、灯りはなくても磯場に渡ったほうが青メバルは良く釣れます。
 時々行くのですが、広島県のしまなみ海道(大島・因島)の辺りに行くと青メバルの釣れる数は
グッと増えてきて、灯りのある港などでも釣れるようになります。

 釣れるイメージとしては、上の図を参考にしてもらえるとわかると思いますが、意外と潮の流れの
速いポイントで果敢に挑んでいるメバルのようです。
 潮通しのいい灯りの絡む岩場や、潮の当る面のテトラや岩付近のポイントが良く釣れます。

 このメバルもやはり灯りが好きなようで、灯りの周りは好ポイントになることが多いです。 特に
何かに付くと言う事も無く、何も無い中層で釣れたりもしまので…潮の動きと関係しているのか、
小魚について回遊しているのかは判りませんが、釣れると数匹が釣れたりしますね。
 釣れない時間帯はピタリと当たりが遠のいたりする不思議なメバルです。
 色も保護食と言うか…背びれ周りが青く、腹は白いです。 色合いから察すると回遊性の強い
メバルでしょうね!

 このメバルも昼よりも夜のほうが釣りやすいですが、場所さえ見つければ昼間でも同じポイント
で釣れ続いたりする不思議なメバルです。

  ≫青メバルの写真(ルアーで釣った魚コーナー)



何ニャンルアーフィッシング海のルアーメバル ≫ ポイント
      海のサイトマップ



 ■メバル関連リンク■


メバルの分類大物メバルメバルのテクニック梅雨のメバル釣りリリース

メバルの磯釣り昼間のメバル釣り流れのメバル釣りメバル料理

砂浜のメバル釣り 

■メバルの仕掛け関連■
メバル仕掛けメバルのルアー色ルアー操作方法ワーム分類ジグヘッド

メバル用リールメバル用ロッド メバル用ライン便利釣具遠投仕掛け

VS-320VS-310



スポンサーリンク