何ニャンルアーフィッシング海のルアーメバル ≫ 磯釣り     サイトマップ


磯メバルのルアー釣り

 メバルのルアー釣りを長くしていると、出掛けてみたくなるメバルの磯釣り!
 磯でメバルを釣る人は多くなったと言っても、他の磯釣り魚と比べると少ないので
当然に釣り荒れも少なく、大物メバルも潜んでいます。
メバルの磯釣りを紹介。 磯で大物メバルを狙いましょう〜

 僕の経験でも磯の釣り場はメバルのサイズがいい(シーバスも良い)ですし、
真昼でもメバルが釣れる釣り場だと思います。
 その代わりに釣れる・釣れないの当たりはずれもハッキリしていますが…。

 ≫シーバスの磯釣り場説明も参考にしてください。

 ≫釣り荒れしていないサーフでのメバリング説明

 
注意:最後に磯のメバル釣りの危険があります。絶対に確認して下さいね。




メバルの磯釣り魅力!

大物メバルが多い
 メバルのルアー釣りでもメジャーな釣り場と言えば、港や波止・一文字などで灯があり
足元が安全な釣り場が人気です。
 逆に言えば磯でメバルを専門に狙う人は少ない為に、大物メバルが潜んでいる可能性が
高いと言うわけです。 近年は大物メバルを求めて、磯にまで出かける釣り人が増えて
いますが、渡船で渡るような磯では釣り人の数は多いと言っても他の釣り場とは比べ物に
なりません。

 **面白い話**
 昔に瀬戸大橋の工事中に釣り禁止エリアがあり、工事完了後に解放された場所で
最初の頃は大物メバルが良く釣れたと聞いた事もあります。 
 釣り人が少ない=大物メバルが育ちやすい の構図が成り立っているのでしょうね。

メバルがパワフル
 流れの中で釣るからなのか…やはり磯で揉まれているからなのかは判りませんが、磯の
メバルは力が強いと思います。
 普段から流れの中で小魚を追い回しているので当然と言えば当然なのですが、同じサイズ
でも引きが強いと感じます。
 ≫メバルの種類による違いもあります

独特の釣り場
 荒岩が剥き出しの釣り場は、港などでのメバルのルアー釣りとは全然違う物になります。
なんと言っても一番のポイントともなる明かりが全くありませんので、今までのメバルの
ルアー釣りが通用しないので始めは戸惑います。
 それなりの危険も伴う釣り場ですが、それだけにゲーム性とメバルの大きさも増す!
 そんなメバル釣りが楽しめますね!

 (^∀^)ノ 当たり外れも大きいだけに、メバルの磯ルアーは面白い!!

夜に寝て昼間に捕食するメバルたち
 そんな事はメバルに聞いてみなくちゃ判らないゾ。と思われるかもしれませんが、メバルの
磯釣りは昼間でも釣れる可能性が高い釣り場です。
 良く考えてみるとメバルも真っ黒の暗闇で小魚を狙うよりも、明るい時の方が狙いやすい
訳ですし、磯のメバル達は夜寝て昼間にエサを探しているメバルも多いはずです。
 実際に昼間もメバルが釣れるので昼間のメバルフィッシングが楽しめる釣り場です。



磯釣り場のメバルポイント

 メバルの磯釣りを始めると一番に戸惑うのが、灯りが全く無い事です。これは釣りにくい
ばかりか最大のポイントが無くなっているのに戸惑います。
(・з・;)僕も最初の頃は真っ黒の闇の中で、何をしたらいいのか判らなくなりました。

 そこでメバルのポイントを見つけるコツのような物を紹介しましょう!

  ■メバルの磯釣りポイントを島全体で考える
 メバルの磯釣りを島全体で考えよう!

 前日にでも島の全体形を地図やネットの航空写真で見ておきましょう。 渡る磯釣り場に
よりますが歩ける場合は島全体を歩けるような磯もあります。
 マップで航空写真などを見れば砂地なども判りますし、色で水深までも判ったりします。

   楽天BOOKS ≫ 「釣り場の本」を検索

 僕の経験では、磯で潮が当たる面や流れる場所は、メバルのルアー釣りには適さない
(釣り難い)釣り場が多いです。 部分的に大物メバルが釣れたりもしますが、大抵は
流れすぎて釣りにならない釣り場も多いです。
 潮の動きは時間で全く変わるので一日中ダメとは言い切れないのですが、流れる
場所の隣接した辺りで、少し緩むエリアがいいようですね。
 (-ε-)磯では海流の少し緩むエリアでも潮通しは良いので、緩むエリアの方が
何かと好都合だったりするのです。
 ≫それでも流れの中で釣るメバル説明


  ■メバルの磯釣りポイントを部分的に考える
 メバルの磯ポイントを部分的に考えよう!

 全体で考えて動きながらも、部分的なストラクチャーは見逃せません! 少し離れた
岩一個でメバルがポンポン釣れるなんて事も良くあります。 (+ ゚)ノ~~

 砂地があれば、藻もありますし、良く見ていると潮流の流れが変ったり、流れていない
場所があったりと様々な釣りポイントがある事に気づくでしょう。
 注意して見ていくと無数にメバルの居そうなポイントがあったりします。
 岩や藻だけではなく、磯での一番のポイントはやはり潮目かもしれません。
 潮目付近では何故か活性があがります。 潮目が近くに寄るとその当たりの活性が
あがる事が良くありますので潮目もポイントと考えていいでしょう♪

 シーバスの磯釣りをする人は、釣り場の潮目を注意しています。


   ■メバルの磯釣り場での写真
実際の磯釣り場のメバル写真
 ある磯場での写真で、夜になり物凄く釣れた昼間(干潮)の写真です。
 藻の隙間や岩などに多くのメバルが潜んでおり、潮が流れ出すと昼間でもウロウロと
始めてました。
 夜になり満潮時にもこの場所へルアーを投げると結構な大物メバルが良く釣れました。

 明かりの無くなる磯釣り場だけに、明るい間にポイントを絞り込んでおくのも大切です。

 (-ε-; 夜は危険なうえに怖いし…、怖くなるとどんどん怖くなるのだ!
 ≫釣り場の怖い話



メバルの磯釣りに適したタックルとは

 通常のメバル釣りと言えば足場は良い場合が多いのですが、磯の場合は当然ながら岩場の
上での釣りになりますので危険で不安定。 しかも、水面からかなり離れて釣らないと怖い場合
も多く、それなりのタックルが必要になります。

 そこで足場の悪い磯では少し長めのロッドを用意します。
 昔はメバル用ロッドは1本だけだったのですが、最近は遠投仕掛けや大物対応ロッドも持って
いるので、磯釣りでは持っていきます。

 足場の良い釣り場    7.9Fメバル用ロッド  ライト系
 遠投・磯などの釣り場  8.9メバル用ロッド  ミディアムライト系

 メバルの磯釣りでは遠投が必要になる場合も多く、重めの仕掛けを使う場合も多いです。
その為にもラインはフロロカーボンの4lb〜5lbを平均とすればいいでしょう。
 ラインを4lbより細くすると、自信を持って巻けないので最低でも4lbは必要となります。

磯のメバリングでは長めで強いロッドがお勧めです

 ゝ(`・ω・)ノ 自信を持ってリールを巻ける!大物メバルを抜けるタックルは足元の危険な
磯釣りでは安全にも繋がるのでワンランク強めのタックルを用意しましょう。

 
※ 適当なロッドが無い場合には、ラインだけでもワンランク太くするといいぞ♪
 ※ 長めのバスロッド(フィネス系スピニング)があれば流用しても良いです。



メバルの磯釣りの危険

 メバル釣りの魅力の一つとして、気軽に行けるメバルのルアー釣りと紹介してきましたが、
磯釣りと言うと話が変ります。
 磯釣りの釣り人(チヌ・グレ等を狙う人)と同等の装備が必要になります。
 同じ場所で釣りをするので当然といえば当然ですが、磯を舐めて掛かると死が隣り合わせ!

 ((゚Д゚)) 一歩間違えば死ぬ話だけに注意!!

 
メバルの磯釣りに必要な道具

・ライフジャケット
  ≫ライフジャケットと救命胴衣の説明
 潮の変わり目や風などで、目の前を渓流の川のように流れたりする時があります。
 落ちたら一気に流されていくのでライフジャケット必須です。 (出来れば笛も準備)
    楽天FISHINGで「救命胴衣」検索

・高性能ヘッドライト
 満月ならまだ明るいのですが、月もないと真っ暗闇です。 小さいのではなく、足元を明るく
 照らせるヘッドライトが必要です。 (回り全体を照らすライトもあると便利)
    楽天市場で「ヘッドライト」検索

・磯靴
 足場は岩の上で波を被っていたり、物凄い細い場所を通らないと行けない様な場所も多々
 あります。 履き慣れた磯靴は絶対に必要です。 ≫釣り用の靴・長靴の説明はこちら
    楽天市場で「磯靴・スパイクシューズ」検索



 メバルの磯釣りの注意

・天候を確認しよう!
 最終的な判断は渡船店の船長さんに任せましょう。(相談しましょう)荒れそうな時、雨の
とき風の強い日は諦めも必要で、できれば、真っ暗な夜の日はも避けましょう。
 満月で晴天を選ぶようにすれば意外と明るいものです。
 (いろんな意味で怖いよ) ⇒釣り場の怖い話

・潮の動き(満ち)に注意
 ほんの数分で、さっきまで通れた場所が通れないなんて事もあります。
 磯で取り残されると命に関わるので十分に注意しながら動きましょう!

・渡船での注意!
 渡船のルールとして降ろした場所に船は迎えに来ます。 潮の関係で少し変る場合も
ありますが磯場を歩いていて満潮で元の場所に帰れない〜なんて事の無いように!
 ヾ( ̄д ̄;) 磯は浅瀬があり船が接岸できない事もありますよ。
 迎えの船が遠くに見えたら、ライトなどで居場所をしらせてあげましょう〜。



メバルの磯釣り場の最後に…

 何度も書いていますが、メバル磯釣りの一番大切なことは、無理をしない事!
 磯と言う釣り場は港や船着場でのメバルのルアー釣りとは全く違う釣りになります。 釣り人
が波にのまれるとか流される水難事故も多いですし、足を捻挫したり骨折したりも良く聞きます。
 
 磯では荒れ狂う波と、川のような流れをみて僕自身もビビッタ事があります。
 ヾ( ̄д ̄;)メバル釣りで死んだら死にきれないですよ。

 そこで磯釣りに慣れてない人や、初心者は渡船店に相談しましょう。 磯釣り場にも危険な
磯と比較的安全に釣りが出来る磯がありますので、全てお任せしてもいいと思います。
 「メバルのルアー釣りです」と渡船店で相談してみると、自分にあった釣り場へ渡してくれると
思います。
夜の磯でのメバル釣り、磯の夜写真。
身の毛も凍る釣り場の怖い話はこちら

φ(^ω^) 安全に釣りを楽しむ人こそ、本当の上級者なのだよ!



何ニャンルアーフィッシング海のルアーメバル ≫ 磯釣り     海のサイトマップ



 ■メバル関連リンク■

メバルの分類メバルの釣り分け大物メバルテクニック梅雨メバル

メバルのリリース昼間のメバル釣り流れのメバル釣り | メバル料理

サーフのメバリング │ 


■メバルの仕掛け関連■
メバル仕掛けメバルのルアー色ルアー操作方法ワーム分類ジグヘッド

メバル用リールメバル用ロッド メバル用ライン便利釣具遠投仕掛け

メバルのダウンショット 



スポンサーリンク