何ニャンルアーフィッシング海のルアー ≫ メバルのルアー仕掛け           サイトマップ


メバルのルアー釣り仕掛け集

 メバル・カサゴ・ロックフィッシュと言われるロックフィッシュ魚類のルアー釣りは意外とお手軽。 しかも、メバル
釣りはブラックバスのルアー釣りよりも仕掛けも少ないです。
 覚える仕掛けも少なくていいのですが、きちんと組んでやらないとメバル釣果に歴然とした差がでるのも事実。

 (^^)ここに紹介する仕掛けは、メバルのルアー釣り(メバリング)ではポピュラーな仕掛けばかりです。
 基本を知りつつ、思いつきで自分流の仕掛けを試してみて下さい。 いろいろして釣る先駆者がいなきゃ、新しい
ルアー仕掛けは産まれないからね〜。

メバルのルアーフィッシング仕掛けの説明

 (゚Д゚)ノ なんか、面白いメバルのルアー釣り仕掛けがあったら釣り人掲示板で教えてくれ!
       投稿頂いた、ルアーの仕掛けはこちらで紹介中!
       人気ルアー仕掛けのランキングも参考にして下さい。


  
▼ クリックすると、ルアーの仕掛けの説明にジャンプします。



■メバルのジグヘッド仕掛け (僕の使用率 45%)

メバルのルアー・ジグヘッド仕掛け これがメバルのルアー釣りでは最も基本的な仕掛けと言えます。
僕もメバルの釣りでは5割はジグヘッドを利用します。
 最も手軽で、水面直下から中層〜底層まで探れる万能ルアーと
言えるでしょう。

 
 ※同じ様な仕掛けに、カブラジグがありますが、そちらの紹介はメバルのワームで紹介。


メバル専用ジグヘッドを用意しよう

 沢山のジグヘッドを揃える必要も無く、自分の気に入ったジグヘッドの重さを二種類〜三種類を用意していれ
ば十分です。基準となる重さは僕の場合は、1/32(約1g)と1/16(約1.8g)と1/8(3.5g)ですが、通常は
1.0gと1.8g位のもの二つで十分だと思います。

 僕の場合は風が吹かない限りは、約1〜1.8グラムを使用しています。 風と潮流に応じて重くしていきます。
 逆にカサゴを釣りたい時には、1.8グラム以上で底を釣るようにします。
 ヽ(´ε`*)ノ  僕は食べるのはメバルよりもカサゴの唐揚げの方が好きです〜


メバル用ジグヘッドの形状

 いろんなのがあります。魚の顔の形の物や、鉛のもの、目の付いた物があります。 しかしメバルの釣りの
場合は夜に使用するので夜光以外の装飾はあまり意味を持ちません。
 タングステンや目などが付いた高価なものはあまり必要ありませんよ。 (^^)気持ちの問題♪
 ヘッドの形と、ラインを結ぶアイの位置で、若干の安定と根がかりの差があります。
 ≫メバリングのジグヘッド説明をみる



ワームのセット方法

 メバルのルアー釣りにおいては、オールラウンダーなジグヘッドと紹介しましたが、唯一の弱点はフックが
剥き出しになる事です。 岩やテトラには特に根がかりしやすいと言うことはありませんが、海草やロープや
ゴミなどには非常にひっかかりやすいです。
 夜は特に見えないので、ロープなどに掛かる事が多いです。
 
※漁師さんにも迷惑なので、なるべく回収に努めましょう!

        メバルのルアー仕掛け          メバルのルアー仕掛け

 僕はその場で出来る方法で、上のような形にワームを付け替えます。
 ブラックバスのような合わせをしないので、針先は少しだけしか隠しませんが、巻きつくような事をなければ
ロープや木材、海草などへの根がかりは激減します。
 
 ここでの注意は、岩礁帯(岩場)などでの根がかり防止効果はあまりありません。岩場では、フックよりも
ヘッド部分の根がかりが多いので、岩場での根がかりを減らしたいなら、ヘッド形状を変えるべきです。
 この方法はあくまでもフックの食い込むような障害物周りを釣るときで、仕掛けを変えるのが面倒なときに
利用しています。

 ヾ( ̄д ̄;) なんか、絶妙なバランスで泳ぐのですが、クルクル廻る時もあります。





                                                       ▲ 先頭へ


メバル、ジグヘッド目印付き (僕の使用率 3パーセント)


    メバルのジグヘッド、目印取り付け


 (・з・)! 呆然とメバル釣りをしていると、ガチャとトップガイドにジグヘッドが当たることありませんか?
気を抜いてるとメバルの軽い仕掛けだけに良くなるのですが、嫌な物です。
 常夜灯の灯りのある場所でも油断してるとなるので、磯などでは真っ暗なだけにいいかも知れません。

 そこで、極小ケミ蛍を取り付けてしまおうという仕掛け、ケミジグ!(ネーミングした)
 投げた位置や仕掛け・メバルを上げるときにも見えるので釣り易さは倍増します。

 (+゚Д゚)ノ メバルに変な警戒心を与えるんじゃないの?とも思ったのですが、特にメバルが釣れなくなると
言う事は無いようです。 灯りを調節したい時には、付属の透明チューブではなく黒いチューブでラインに取り付
ければ、出し入れで明るさを調節できます。


 集魚灯なるもの(商品名ルミコ)などでも面白いと思いますよ。 投げ釣りする人には人気釣具です。
オレンジ系・ブルー系・グリーン系に光る物が発売されていて、シーバスにはブルー系、メバルにはグリーン系
が良いと説明されています。

(^∀^)ノ あまり離して取り付けて、メバルが集魚灯に食うと駄目だけどね〜。


   集魚灯「ルミコ」を楽天フィッシング検索





                                                       ▲ 先頭へ


メバルのスプリット仕掛け (僕の使用率 3%) 


 メバルのルアー仕掛け・スプリット



 このルアー仕掛けは基本的には底を釣る場合に利用するのですが、底を取りすぎるとカサゴや別の魚が
多くなるのでメバルの場合は少し上を巻いて使います。
 メバル用のフックに直接ラインを結び、その上側10〜20センチの辺りに噛み潰しオモリを取り付けます。
 オモリの重さは釣る水深や風・潮流で使い分けるといいでしょう。

 底を取るのではなくジグヘッドと同じように巻いて使います。 オモリとフックの間にラインがあるので、
食い込みはジグヘッドより良いかもしれません。

 メバルのルアー釣り(メバリング)に使う場合は、巻いて底を切るようにしましょう。



                                                       ▲ 先頭へ


メバル、スプリットジグ?仕掛け (僕の使用率 8パーセント) 

メバルのジグスプリット仕掛け

 (^ε^) ↑ これは便利♪  ジグヘッドで釣りをしている時に少し重くしたい場合などに重宝します。
飛距離は伸びますし、ジグヘッドを結びかえるよりも早くて簡単!ラインを噛み潰しに挟んで一回転させれば
ズレません。

 噛み潰しは閉じてしまうと意外と外せませんので取り外しが簡単な噛み潰しが発売されていますので使って
みてください。 専用のペンチとかも販売されています。
 (+゚Д゚)ノ ピッタシ閉じるカミツブシは外したくなるとイライラするぞ!

 (^ε^) メバルの場合底を釣らないので滅多に無くなりません。 個人的には少し高いけど、ZAPPUの
タングステンを使っています。 1〜3gを用意しておくと便利に使えます。



                                                       ▲ 先頭へ


■メバルのダウンショット (使用率 10パーセント)

  メバルのルアー仕掛け・ダウンショット 

 底の長さ調整でカサゴに適している?と思っていた仕掛けですが、メバルのダウンショット釣りも意外と釣れる
仕掛けだと思うようになりました。
  (〃 ̄З ̄)ノ 昔は、カサゴを釣ったり昼間にメバルを狙うときに使用していたんだけど、ジグヘッド・メタルジグ
などでメバルの反応が無いときでもダウンショットで釣れたりします。

 はっきり言って、根掛りや釣り易さはジグヘッドが優れていますが、メバルがあまり浮いていない場合。活性が
低いと思われる場合、1箇所に止めておけるダウンショットは良く釣れます。
 ヾ( ̄д ̄;)最初の頃は、重めのジグヘッドで底を引けば同じだろ!と思ってたのですが、重い=早くなる。
軽くする=投げにくく釣り難い。 その全てを補えるダウンショットはメバルでも有効ですよ。

 

ダウンショットの基本

 オモリとフックの位置で釣る高さ(H)を決める訳ですが、あまり短いと意味は無くなります。逆に長くしすぎると
投げにくくなります。
 釣れているメバルが小型なら二本針(枝張り)なども面白いかもしれませんが、 ヾ( ̄д ̄;)面倒だし…
手返しが悪いと思われますし、25cmのメバルが2匹食いつくと大変です。

 仕掛け(A)が手軽ですが、ラインの間に通す透明なプラスチックのサルカンを使用した場合の仕掛け(B)は
食いがよくなります。(仕掛けも意外と簡単に出来る)
 ルアー釣りの人には縁のない物かもしれませんが、ヨリモドシなどのコーナーに回転ビーズがありますので
ぜひ一度試してみてください!
 三又サルカンを小型のプラスチックで作られたもので、十字にラインが通せるような穴が開いています。
 これを使うと、簡単に仕掛けが出来ます。フックにラインが結ばれた物を利用すれば更に早く作れます。

 ダウンショット専用のフックを使用すれば、特に上のような枝針仕掛けにする必要も無いです。 道糸に直接
フックを結べばいいでしょう。
 その場合の注意は、フックが必ず上向きになるように仕掛けを作らないと、フッキング率は激減します。
 ヾ(・ε・。)釣れるメバルのサイズが小さい場合は、枝張り仕掛けの方が食いが良くなります♪
 

シンカー取り付けのコツ!

 オモリはダウンショット用のものに結びつけるよりも、カミツブシの少し大きめを使用するといいですよ。
 結び目を作りそれを挟むようにするか、ラインを一回転させて挟み込む!そうすると根がかり時にオモリ
だけが外れる捨てオモリ式になります。
 (^^)軽すぎれば、二つ付けてもいいですし…。

シンカー取り付け位置のコツ!

 カサゴと違いメバルは活性が低いメバルも浮いてない場合も底に張り付いている場合は少なく、少なくても
釣れるメバルは若干は浮いています。
 最低でもフックとシンカーの間(H)は40センチ以上とりましょう。 投げにくいですが1メートルほど取った人
と40センチの人とでは全然釣果も変る場合が多いです。


ダウンショットの釣り方とメバルの動きを見極めろ!! (+゚Д゚)ノ

 メバルの釣りで一番に大事なのはメバルの釣れる層を釣ること! ダウンショットも釣れるシーンは多いの
ですがメバルがボイルしてきた・ダウンショットの反応が悪い・巻いてて釣れた・周りで釣れ始めた!
 などなど…ダウンショットでジックリとメバルを狙う時こそ周りに注意を向けて、釣れ始めたら適した仕掛けに
変更するようにしましょう〜。
 釣り方のコツは、ジグヘッドなどとは違いリールで釣りをせずに、ロッドを操作して釣るといいです。
 φ(^ω^)ロッドでたぐり寄せて…余ったラインを巻き取る感じで寄せてきましょう♪


 φ(・ω・。)ボソッ ここだけの話…
 何がニャンでもルアーフィッシングなるサイトの管理人でもある僕が言うのもなんだけど…昼間はエサの
方がメバルは釣れたりします。 特に昼間に釣れるメバルはエビが好きなようで、昼間に長く釣る場合は
コッソリと藻エビを買っておくといいです。
 3時間分でも300円分でいいでしょう。 ダウンショットの針にチョン掛けするとエビがピンピン…と動いて
くれて何もしなくてもメバルが良く釣れます。  皆には秘密だぞ!


 ≫しっかり固定する「ガッチリ!ダウンショット」紹介中 

 ≫ヒュンヒュン動く「親子ダウンショット」紹介中




                                                       ▲ 先頭へ


■ メバルのキャロライナ(メバキャロ)  僕の使用率(7%) 

遠投をするメバル釣りにはメバル・メバキャロ

 (+゚Д゚)ノなんだコリャ! こんな面倒な仕掛けは出来ん!!
 と言う人、安心してください。現在はもっと簡単にメバルの遠投釣りが出来るようになっていますよ!

           メバルの遠投仕掛け、ダイワ精巧・月ノ雫

 ダイワの月下美人・月ノ雫です。 ジグヘッドのまま使用するのがコツで、上部分を回す事でフリーになり、
長さ調節も楽ですし、ジグヘッドに戻すのも楽です〜。 2〜3個持っておけば釣りの幅が広がります。
 沈ませる速度に合わせて、遅潜・中潜・早潜とあります。 遅か中潜りがメバルには使いやすいと思います。 
 月ノ雫が発売されて、メバルの遠投仕掛け使用率が上がりましたね〜。

 ≫メバルの遠投仕掛けを詳しく説明

    楽天検索 ≫ Daiwa製は「月ノ雫」  / SHIMANO製は「タイディSoare」

 ※特長としてシマノ製はジグヘッドなどを付けたまま挟み込む方式、ダイワ製はラインを通すので途中で
追加は出来ません。 シマノ製が便利ですなぁ〜。



                                                       ▲ 先頭へ

メバルのハードルアー   小型ミノー & メタルジグ  

メバル・小型ルアーとメタルジグ 左の写真がメバル用のミノーです。
ワーム好きの僕の使用範度  使用率(8%)と少ないです。

 メバルのルアー釣りをしていると、時々異様に活性が高い場
所に出くわします。
 その場合にはハードルアーを使う時もあります。
 確かに何匹釣っても形が変らないというのは良い点ですが、
当たりが少し減るような気もします。

 やはりプラスチックなのでワーム系よりはメバルに警戒されるのでしょう。

 僕がミノーを使うのは、大きいメバルを選んで釣りたい場合が多いです。 メバル用の小さなルアーを巻いて
いると、小さなのが嫌になるほど食ってくる時があります。 また、小さいメバルと大物メバルが混在している
場合もあります。 そんな時にミノーに変えると、食ってくるサイズがワンランク上がることが多いです。

 メバルのミノーテクニックは!?特に何も考える事無く巻く! (^^)これだけでメバルは釣れちゃいます。
重量もリップも小さくて扱い難いですが、ちゃんと泳ぐミノーなら基本はただ巻きです。 
明るい時間帯に巻いてみて巻き取り速度とミノーの動きを確認しておきましょう。


 メバルのプラグ釣りポイント
 地味な色よりも派手目な物(キラキラ)が良く釣れると思います。 
(T_T)=3 「こんなにチビなのに高け〜¥」と思ったことが一度はあるでしょう。それもそのはず、大きさは
バス用の1/3以下なのに値段は通常価格!
 ケチって、ノーブランドのルアーを買うと動きが悪いので、(#゚Д゚)ノ 「なんじゃこりゃあ〜」となります。

 たくさん用意する必要もないので、メーカーのしっかりしたルアーを買いましょう。

     メバル専用ハードルアーフィッシングを楽天で検索出来ます。
   (*゚o゚)ノ 地味な色は必要ない!ギラギラがお勧め!


●釣り場の足場に注意
 初めてメバル釣りをする時には戸惑うのですが、池や川と違うのは足場の高さです。 海には満ち引きが
あるのと、波返しなどで足場と水面が数メートルの高低差があったりします。
 そんな場合にミノーを引くと、上に浮き上がりすぎてとても泳ぎません。メバル専用になると、特にリップも
小さいので、水の抵抗も少なくロッドを下げて巻いても浮き上がりを防げません。


●意外と手返しも悪い
 通常、市販の状態でセットされているのは、トリプルフックです。三本がひとつになったフックなのですが
これが意外と外しにくく、手間取ります。
 ワームなら手で外せる場合でも、三本のフックの場合はペンチで外したり…見えないのでライトで照らし
たりしているうちにメバルが散ってしまう、なんて事になるかもしれません。
 シングルに変えても良いですし、フックの返しを潰す!なんてのもいいのかもしれない。

   ⇒参考ページ  メバルのミノーテクニック

                                                       ▲ 先頭へ



遠投性抜群のメタルジグ (僕の使用率 10%)
遠投性能に優れるメバルのルアー仕掛け 
  ブラックバスの落として使うメタルジグとは違います。
 どちらかと言うとメバルの場合は、トラウトのように巻いて使う
 スプーンの様にメタルジグを使います。
  ジグヘッドで届かない遠いポイントでも探る事ができ、強風の
 日や潮の流れが激しい中でも使用できるルアーと言えます。

 基本はただ巻きで十分に釣れます。 カウントして落とし、巻く層を変えて探ります。

 でも…意外とひっかかるのと、昼間にはメバルの釣果は著しく落ちたりします。 どうしてもワームの様に
メバルにジックリと見せられないので、活性の高い時間帯にします。 

   ⇒参考ページ  メバルのメタルジグテクニック


    メバル専用メタルジグを楽天検索できます。

   
(*゚o゚)ノ 地味な色は必要ない!ギンギラがお勧め!



                                                       ▲ 先頭へ


■・з・)計算合わないよ? (僕の使用率6%)

 …と気がついた人は偉い! そう、確かに残り6パーセントは何をしているのだ?と言われそうですが
それは秘密です。
 夜のオカズになるメバルを揃えた場合や、小さいのばかり釣れ過ぎる時には、いろんなリグを試してみ
ています。
φ(・ω・。) 日々研究に明け暮れていると言うと、非常に大げさなのですが、いろいろとしています。

エリア用のルアーも使えます。拘らずにイロイロな仕掛けを試して見ましょう。

●試みルアー仕掛けT  スプリットプラグ  
      プラグをもっと遠投したいと言う事から、プラグの前にカミツブシを付けて遠投製を高めました!
      (´ε`)あんまり意味無かった〜。

●試みルアー仕掛けU  トップワーム 
      めばる用トッププラグが無いのが不思議だが、メバルのボイルを良く見るときにはノーシンカー
      で投げたらトップで釣れそうだな!と思いますが、軽すぎて飛ばないでしょう。

●試みルアー仕掛けV  ダウンジグヘッド  
      想像通りです。ジグヘッドの上に枝張りを付けて釣ろうと言う仕掛けです。
      カサゴとメバルを同時に狙えるとか…メバルが2匹釣れたり…、どうなのかなぁ〜。


その他まだまだイロイロなルアー仕掛けを研究中!

 他にも思いつくままにイロイロな仕掛けを試してみて失敗しています。
 (#゚Д゚)ノ もつれたり…クルクル廻ったり…。新しいメバル仕掛けは、きっとこんな思い付きから産まれるの
かなあ〜 などと考えながらメバルを釣るのも楽しいですよ。
  ⇒投稿面白ルアー仕掛け!(投稿頂いたルアー仕掛けの紹介です。)




何ニャンルアーフィッシング海のルアー ≫ メバルのルアー仕掛け             ▲ 先頭へ



        メバルワームの色 │ メバルワームの種類 │ メバルのワーム操作



 ■関連リンク■
 ルアー基礎の仕掛け │ 投稿の仕掛け │ 根魚の仕掛け │ スズキの仕掛け |リリース

 メバルの魅力 │ メバルの分類 │ 大物メバル │ メバルのロッド │ メバルのリール

 メバルのジグヘッド | メバルの遠投仕掛 | 梅雨のメバル | 



スポンサーリンク