何ニャン!ルアーフィッシング海の釣り穴釣り ≫ 釣り場        サイトマップ


穴釣りの釣り場を説明

簡単だけど難しい穴釣りの釣り場について解説

 ↑の画像をみて頂きたい。
 全く釣れんと唸っている管理人の下で、何猫が結構魚をバケツに入れています。

 穴釣りの場所は足元、石積みや捨石の中に隠れている魚を釣り上げる釣りの事です。
 正に灯台もと暮らし的なポイントで釣る訳です。
 穴釣りは釣りのテクニックよりも場所選びが大事なので、このコーナーでは
穴釣りの釣り場所選びについて説明しましょう。

穴釣りの魅力】 【穴釣りタックル】 【穴釣り仕掛け】 【穴釣りの釣り方




イロイロな穴釣り場を説明


比較的安全に…小さな奴から大きな奴まで…。
石積み捨石の穴釣り場

 一番にメジャーで釣り易いと言える穴スポット。 海岸で見回せば必ず見つけられると
言っても過言ではない位に良く見かけると思います。 比較的安全に歩ける岩場もあれば、
古く崩れたような岩場もあるので足元をシッカリ確認しながら釣り歩きましょう。

 (・з・)ノ テンポ良く釣っていくと、大漁の予感もあります♪

 同じような釣り場でも釣果には差が出るもので、最初に釣り場全体を眺めましょう。
 最初から石積みだけを見ていると何処も同じように見えるのでダラダラと釣ってしまいます。
釣れればそれでもOKなのですがやはり深いエリアや、海流の当たるエリアが魚も多いので
最初に観察です。

 欲を言えば干潮時にも岩場が海の中にある釣り場がベスト。 普段の釣り中でも
「穴釣りに良さそう!」と言う視点で眺めていると、良い釣り場を発見できますね。

 ゝ(`・ω・)ノ 見付けた釣り場は釣り日記へメモ!  ≫釣り日記の薦め♪



大物魚も多いけど危険も多い
好ポイントの消波ブロックの隙間

 (~∀~)ノ 釣り人の為に税金で設置した漁礁♪ ← コレは大きな勘違いで…
 消波ブロックは波の強いエリアに入れられ、その波の力を弱める為に入れられています。
無論、イロイロな釣りの好ポイントになっているのですが、本来の目的が釣りではないので
安全性は二の次にされています。

 要するに… (;゚Д゚)σ 超危険なのです。 滑ってコケれば大怪我しますし、骨折の可能性も
大です。水の近くではツルツル滑りますし落水等の危険も大大大な釣り場!
 特に穴釣りは下の方に降りるので消波ブロックでの穴釣りは初心者にはお勧めできません。
 上級者でも滑りにくい靴とライフジャケットを用意して釣りをするようにしましょう。

 釣り場としてはこれ程に穴釣りに適している場所は無く、もう穴だらけです。 水深も深い場合が
多い釣り場なので多くの根魚が潜んでいます。 思わぬ大物等の予感も!! 
 時間があれば全体を探り、短時間なら曲がり角や先端の変化している部分を集中的に狙って
みましょう。
 ゝ(`・ω・)ノ 何がなんでも安全第一ですぞッ

  ≫フィッシング用の靴説明   ≫ライフジャケット・救命胴衣説明



狙う人少ないだけに潜んでいます
大物の潜む磯釣り穴場

 磯釣り場、岩場で釣る人はお手軽ではないだけに、上級者が多く訪れます。 こういった
場所でも一番のポイントは足元にあるのですが、カサゴをメインで釣行する人は少ないようで、
意外と足元の穴釣りでは簡単に根魚が釣れたりします。

 最初に説明した石積みと似ていますが、こちらは自然の岩が転がっているだけなので歩き
にくく滑り易く危険も大きいです。 場所に寄っては川の様に流れたり大きな波が来る場合も
あるので慎重に場所選びをしましょう。
 同じように見えても釣れない岩場や良く釣れる岩場もあり、見極めは難しいです。
 
 場所選びのコツとしては… 大小の岩がゴロゴロある。 ゴツゴツの岩が多い。 潮が引いても
岩があるなどなど…です。
 釣り方としては、満潮にかけて釣るのではなく、干潮に合わせて下がる潮を狙うと比較的安全。
夢中になりすぎて満ちて戻れないなんてならないように!

 *゚∀゚)ノ 上級者お勧め釣り場なので細かい説明は省きましょう。   ≫釣り場の危険を説明



 穴釣りに適した釣り場所選び

 干潮でも干上がらない岩場
 釣り場の雰囲気や干満をみておき、出来れば干上がらない岩場は根魚が多く潜んでいる
可能性大です。
 (-ω-。) (。-ω-) 釣り場の水深や雰囲気で判ったりもしますが、確実なのは干潮時の状態を
見ておけば一番に確実です。
 釣れない時間帯でも海に訪れ、釣れもしないのにキョロキョロしておけば良く判ると思います。


 
引き潮を狙うと釣りやすいぞ
 岩場の穴狙いでは潮が満ちてきている時ではなく、潮が引いていく時間帯を狙っていくように
すると釣り易いですし比較的安全です。 夢中になりすぎて満ちて帰れなくなったなんて事も
防げると思います。
 満潮で寄って来ていた根魚を効率よく釣りあげられるのも下げ潮です。
 
 
 
カニ、エビ、フナ虫が多ければ期待大!
 全く何も居ないような岩場もあれば、場所に寄ってはカニがウヨウヨ居たり、襲われそうな
フナ虫軍団に出くわす釣り場もあります。
 ドカドカと釣り場に行くと見当たりませんが、こそ〜と言ってみると、イッパイ居る場合も!
 こんな生物が多ければ多いほど、餌も多いという事になるので良いエリアと言えます。
 足音でも散るので、コソ〜と忍び足で調べてみてください。



 穴釣り穴選び!穴釣りのコツ。

 他の釣りでは上級者でも穴釣り初心者の釣り人がおちいってしまう釣れない穴釣り病。
 逆に小さな子供が大漁に釣り上げたりするのが穴釣りの面白さです。
 上級者ほどに深い場所や少し沖の岩の隙間に入れたがるもので、深いほうが大きな魚が
居ると思ってしまいます。
 逆に子供達は自分が歩ける場所から、無理やりに仕掛けを落として釣ります。

 (・з・)ノ 灯台もと暮らしな…をサブタイトルとしている通り、実は向こうではなく足元が
穴釣りの釣り場です。 餌となる小さな生物も実は足元の岩の隙間に多く居るので、魚も
足元に居るのです。

 無邪気な子供達は這うようにして石の隙間全てに仕掛けを落としていきます。 確かに
大人ではそうはいきませんが「こんな隙間には居ないだろう」とか「やはり深いほうに魚が
多いだろ〜」の考えは穴釣りでは捨てましょう。
 仕掛けが入れば取り合えず落としてみて、多くの隙間を探るのが穴釣りで大漁のコツ。

 穴釣りにおいては、小さい子供は侮れません。

 (;゚Д゚)σ 魚がデカ過ぎて隙間を通らんッ!なんて笑い話もあります。

 穴釣り場は狭いほど良いのです。

  楽天BOOKS ≫ 釣り場の本を検索



何ニャン!ルアーフィッシング海の釣り穴釣り ≫ 釣り場          海のサイトマップ



関連リンク

穴釣りの魅力説明 │ 穴釣りの仕掛け │ 穴釣りタックル │ 穴釣りの釣り方


【その他の釣り場説明】
メバルの釣り場カサゴの釣り場ヘチ釣り釣り場ハゼ釣り場

シーバス釣り場エギング釣り場アジング釣り場太刀魚の釣り場



スポンサーリンク