何ニャン!ルアーフィッシング淡水ルアー極める ≫ トップルアー      サイトマップ


「楽」トップルアーを楽しもう

 バス釣りでなくてもトップで釣る釣りって楽しい物。 何かウキ釣りに通ずる楽しさがあると思う
のは僕だけでしょうか…。
  ブラックバスの人気ルアー!トップで釣ってみよう
 
 その昔はトップで釣るのは最高に難しく・最高技術的に言われていた事もありましたが、実は
初心者でも簡単に楽しく釣れる釣りなんです。

 φ(・ω・ ) ここではトップウォーターのバス釣りの楽しさをご紹介します。

トップルアー種類】 【トップルアー分類】 【アンケート】 【フロッグ説明】 【バズベイト】

ポッパー】 【ペンシル



何といってもバイトの瞬間が見える事。

  数あるトップルアーですが、その全てに共通する楽しさはバイトの瞬間が見える事です。
 そんな瞬間なんて、トップでルアーを使用している時にしか目の当たりに出来ませんので楽しい
のは当然♪
 水面を割ってバスが飛び出しても数回失敗し、少しルアーをとめてみた所にガバッ!とバスが
飛び出してフッキング♪ 想像しただけで楽しいですもんね〜。

 ルアー釣り専門の何ニャンですが、実はウキ釣りも大好きな管理人です。 やはり、あの
ツンツンしてグウウゥ〜と引き込 まれるウキを見るのが楽しいのですが、これに通じる楽しさが
トップルアーにはあると思います。
 魚を釣って食べる為の釣りではなく、バス釣りは楽しむルアー釣りだけにその原点の楽しさを
存分に楽しめるルアーという訳ですなぁ〜

ドキドキのトップ釣りだけにご注意を

 ≫トップウォーターを語るでは、アンケートの際にトップの釣りに関して語ってもらいました。



水面を意識しているバスを釣る

 水中で暮らす魚と、空気中で暮らす釣り人。 その境でもある 水面部分は魚にとっては
超危険地帯です。 人間が水中に落ちると溺れるように、魚は空気中では死んで しまいます。
 しかも、人間は水中の世界を知っていても、魚たちは空気中の世界なんて一瞬飛び出すことは
あっても未知の宇宙みたいなもの。

 魚にとっては我々の住む世界は未知の宇宙空間みたいな物なんです!!
水中に潜ってくる鳥なんてバスから見れば侵略してくる宇宙人みたいなもんだ。(#゚Д゚)ノクワっ

バスから釣り人を見た図

 長々と意味不明な事を書いてしまいましたが、要は水面は 魚にとって危険地帯と言う事。
しかし同時にバスの餌も多い場所です。 バスがエサを探していれば、多少の危険は冒しても
エサを探して水面を意識します。
 トップのルアーフィッシングは、水面に落っこちた虫(ノイジー)や水面を跳ねる小魚 (ペンシル・
ホッパー)を狙って水面を意識しているバスを釣り易い釣りなんですね〜。



超浅瀬を釣るトップルアー

 バス釣りのルアーは、それぞれのルアーが得意とする釣り方を駆使して釣りをするのですが
トップルアーは水面を釣るのが得意なルアーです。 また同時に超浅瀬を釣る有効なルアー
にもなります。
 特に岩場やゴロタ石・砂利などの超浅瀬エリアでは、他のルアーが引っかかって巻けなくても
トップルアーなら難なく巻くことが出来ます。

 そんな浅瀬にバスは居ないよ! と思うかもしれませんが、特に流れのある大きな川などでは
意外と大物バスが潜んでいたりします。 夏場などで流れのある浅瀬でバシャバシャと小魚を
追っている大物バスを見る事は良くありますしね。

超浅瀬でも難なく巻けるトップルアー
 超浅瀬でバスが釣れそうな見極めポイント!
 ・ベイトの有無
   ベイトが居ればバスは自ずと寄ってきます。
 ・流れの有無
   超浅瀬で新鮮な水が流れて、川底が見難い位にざわ立って居ると期待大!
 ・部分的に深い場所も!
   全体がずっと浅瀬ではなく、部分的に深い場所があれば更に期待大。 長靴で歩いてい
ても部分的に長靴の中に入りそうな水深だったり…。

こんな浅瀬でもトップルアーなら巻けます。
 長靴で歩けますが中央の赤い線辺りは膝くらいまで水深があります。 その周りは水深に
して20p前後。 トップで広く探ると面白いかも♪

 ※浅いからと言って油断は禁物です。 ≫釣り用シューズの説明



トップって意外と簡単♪

 一昔前はトップのルアー釣りには、こうしてこうしてこうすると、こうなってああなる。 そして
こうして釣るもんだ!
 なんて小難しいセオリーみたいなものがあったのですが、色々と経験してみると超簡単な
基本だけを知っていれば、食ってくる 時には食ってくる!と気が付きます。

  トップルアーは決して難しいものではなく、基本だけを抑えておけば初心者でも十分に
釣れるルアーです。 ルアーをこう動かさないとトップルアーには食いつかないなんて事は
ありません。
 岩に当てたりして使うスピナベやクランクなんかより、よっぽど 簡単だと思いますよ〜。

 あ、そうそう最後にですが、クランクなどのように巻き抵抗もありませんし、ロッドの適用範囲
も広いので、手持ちのロッドで使えるのも手軽で良いですね〜。
 (^-^)ノ~~ まずは気軽に投げてみて下さい♪

 ≫トップウォーターのアンケートはこちらです。

  楽天Book≫トップウォーターの本を検索   

  ヤフオクで淡水ルアーを検索



何ニャン!ルアーフィッシング淡水ルアー極める ≫ トップルアー        淡水サイトマップ



■関連リンク■


スピナベの基本 │ クランクの基本 │ バイブの基本 │ ミノーの基本 │ ノーシンカー基本

ダウンショット説明 │ ジグヘッド説明

トップルアー種類 トップルアー分類フロッグ説明 ポッパーバズベイトペンシル


■その他の釣り場関連リンク■
旭川ダム湖の釣り場 │ 高梁川の釣り場 │ 管理釣り場の検索 │ 渓流ルアー釣り場


 ≫釣具のナチュラム売れ筋情報



スポンサーリンク