何ニャン!ルアーフィッシング海のルアー ≫ 強力根魚のルアー       サイトマップ


ソイをルアーで釣ろう!ソイのルアーフィッシングのルアーの説明


ソイ類ルアー釣具(ルアー)

 ルアーフィッシングのブーム到来で、星の数ほどのルアーが今はあります。
 いや…星の数は多すぎますが、釣具店に行けばズラリとルアーが並んでいることでしょう。

 メバル用ルアーはチッコイし… シーバス用ルアーは大きい。
 (`Д´)ノ 強力根魚ソイには何を選べばいいんだっ!!

 と言う釣り人の為に、ソイ釣りの基本ルアーについて説明しておきます。 基本だけなので経験
を積んで自分なりの強力根魚!ソイルアーを見つけてくださいね。



(`・ω・)ノ 強力根魚のルアーとワーム 

 一番にお勧めなのが万能ルアーのジグヘッドです。  確かにメバルを釣っていてソイが食いつき
釣り上げるシーンは良くあるのですが、強力根魚をターゲットにするなら、専用ジグヘッド(太軸)を巻いて
おいた方がいいです。

 ソイ類の一番にお勧めルアー! ジグヘッド

       強力根魚のソイ類のルアーとワーム。グラブ・シャッドのワーム類
 強力根魚ソイ類の釣りでもジグヘッドは良く釣れます。 強力根魚ソイの釣り場でも説明した通り
根魚とは言え、ソイはベタ底では無く少し底を切って巻くと良いと説明しましたが、そういった釣りにうって
つけのルアー仕掛けがジグヘッドなのです。

 組み合わせるワームの選び方は好き好きで選んでも良いのですが、お勧めはグラブ系やシャッド系
ワームです。 シュリンプやクロー系でもOK。
 選択するときに気をつけるのは組み合わせるジグヘッドの重さに合わせてワームを選ぶと言う事です。
 ワームの抵抗が少なければ沈む速度は速くなり、一定層を泳がそうとすればワームを早く巻く事
なります。 逆にワームの抵抗があれば重い仕掛けでもゆっくりと巻く事が出来るのです。
 時と場合によりますが抵抗のあるワームを選んだほうが釣りやすいです。

 ≫初心者コーナーではソフトルアーのイロイロ種類を説明しています。


 ■ 組み合わせるジグヘッドの注意点

 ジグヘッドのウェイトはワームとのバランスを考えますが、一番に良く使うのは、2〜7グラムを平均と
して用意しておけば大抵はOKで、イロイロな釣りシーンにも対応出来ます。

          強力根魚ソイのルアーと仕掛け

 ■ 強力根魚のジグヘッドの選択のコツ!
 
 (〃 ̄З ̄)ノ メバル用ジグヘッドでは小さいか細いと思います。 シッカリとフッキングさえすれば細くても
曲がる可能性は少ないのですが、重量のある根魚だけに太軸のフックを選びましょう。
 ソイ類は若干底を切るといい!と書いてますが、実際には大きな岩に当たったり海藻に絡んだりを繰り返
しながら巻く事になります。
 そこで気をつけるのは、上の図の【L1】。 この部分は短いほうが断然根係が少なくなります。 ジグヘッドは
リールを巻いてさえ居ればフックは上向きになりますので実は根掛かりは少ない仕掛けです。
ラインを結ぶアイとフックの先端の距離【L1】は短いジグヘッドを選びましょう。
 角度【A】が内側に向いてるほど岩場での根掛回避性能は更に増します。

  ( ^-^)/゛ 【L2】のワームの後ろは、あまりに極端でなければ丸呑みする強力根魚には問題ありません。
 ワームは3インチ前後の長さが使い易いでしょう〜。



広く早く!ソイ釣りのハードルアー

 基本的に小魚を貪欲に追い回す強力根魚ソイ類だけに、全てのルアーで可能性はあります。 ミノーや
バイブレーション ・ メタルジグまで全てのルアーに可能性があるのですが、根魚だけに基本は底付近を
釣る事になりますので適応するルアーを紹介しておきます。
 ハードルアーは素早く広範囲の根魚を探すのに適しているので、数個は持って行きましょう。


ハードルアーの選び方 

 バイブレーションは広く素早く探る釣りに適してるだけあり、ソイ類を釣るには良く使うルアーです。 あまり
大きめのルアーではなく小さめのシンキングがいいでしょう。 水深が浅い場合はサスペンドもいいですが
場所が海だけにシンキングの方が何かと便利です。

 (  `)ノ~ ~  ~  ソイや! と投げて、底付近まで落とし引っかからない速度で巻きます。 イメージは底
の少し上をゆっくり泳がせる感じです。 メタル系のバイブレーションや、ミノー(シンキング)などでもOKです。

 *゚∀゚)ノ まあいい加減な言い方だけど、強力根魚の食える大きさとスピードで泳ぐルアーなら意外と何でも
食いついてきます。 形ではなく問題は大きさとスピード。
 シーバスほど泳ぎは巧くなくパワーはあっても延々と追いかけて来る事は少ないので、ゆっくりと海底を巻
けるルアー。 シーバスほどもガブリッ!と食い付くような大物は稀なので基本は中型ルアー。 

 以上を考えながら釣具店に行くと意外とブラックバスのルアーが使えます!  ( ̄▽ ̄; バス釣りの
コーナーはルアーの種類も豊富なだけに利用してもいいでしょう。


 淡水用ルアーだと錆びちゃうのでは?

 ヾ(・ω・)そりゃ、錆びちゃうよ。 キッパリ! (;゚Д゚)σ 駄目駄目じゃんか!! 
 いえいえ大丈夫。錆びちゃうと言ってもフックなので、海水用フックに変えればいいのです。 フックを替える
のが勿体無いなら釣りから帰ってルアーを水で洗うとか…
 基本はジグヘッド釣りと考え、ズラリと大量にハードルアーを用意する必要は無いので海水フックに
替えるのがお勧めですね〜。


お勧めのハードルアー3種類

根魚のルアー紹介
 
第1位 バイブレーション
 投げ易く、良く飛んで良く釣れるルアーだけに、お勧め度NO1です。
 シンキング(沈む)の、キラキラホログラム色が個人的には好き。

 
第2位 スピンテールジグ
 海のスピナーベイトのイメージです。 ブレードがクルクル回転し、音とキラキラで魚を引き寄せます。
 重さもありますので投げ易く、スローに巻けるルアーです。

 第3位 ミノー
 シーバスやバス釣りでも良く使われるミノーは正に魚の動き。 シーバス用の小ぶりなミノーが良い
でしょう。 沈ませるのは別のルアーに任せ、サスペンド(浮遊)タイプで、水深が浅い場所などで使うと
超スローに巻けて、強力根魚を岩場から飛び出させる事が出来ます。

  海用のハードルアーを【楽天】検索 ≫ バイブレーション │ スピンテールジグ 



結局…?何のルアーを揃えればいいのだ?

 こうして書き連ねると何を買えば良いのか判らなくなってしまいます。 そこで!

 *゚∀゚)ノ 感単にまとめちゃいました!! 取り合えず以下のルアーを揃えれば強力根魚のソイ
釣りに出掛けられるルアーセットです。 後は自分の好みやスタイルで変えていけばいいと思います。


■ジグヘッド (一応根掛も多いので多めに用意)
 根掛かりし難い形状のもので出来ればオフセットなどではなく針が剥き出しのタイプ。
重さは2〜3.5g前後&7.0gのジグヘッドを海流と深さで使い分けましょう!
 お勧めは、がまかつ製 ROUND211ジグヘッド。 太軸でガッチリフッキング。

  楽天フィッシング市場 ≫ ROUND211で検索


■ワーム (夜や底がメイン釣り場なので夜光色の白系が無難)
 抵抗のあるワームで、大きさは10センチ程を基準としましょう。
 お勧めは、エコギア グラスミノー L(夜光色) ピコピコ波動で魚を寄せ付ける!

  楽天ルアー市場 ≫ エコギアのグラスミノー検索

 ≫投稿!皆で考えるルアー仕掛けでは、ガッチリダウンショットを紹介中。


■ハードルアー (風のときや流れの中、速い展開の釣りが出来るので数個用意)
 ハードルアーで説明した、お勧めハードルアーの中から数個を持って行くといいです。
 お勧めは、ダイワ精工.VIBRATION 104 シンキング などなど…

  ダイワ精工TDバイブを検索

 ※ (〃 ̄З ̄)ノ ソイ類は貪欲なのでイロイロなルアーを追ってきますので
細かく考えすぎずイロイロなルアーを試してみてね♪


 ≫ブラックバスのルアー仕掛け集も参考になります。



何ニャン!ルアーフィッシング海のルアー ≫ 強力根魚のルアー       海のサイトマップ



 ■関連リンク■

強力根魚の釣り場 │ 強力根魚ロッド │ 強力根魚リール │ 強力根魚の魅力


 ■その他の仕掛け■

 ワームの分類 │ メバルの仕掛け │ カサゴの仕掛け │ ルアーの基本

 アジングの仕掛け説明 │ シーバスのルアー説明



スポンサーリンク