何ニャンルアーフィッシング海のルアー根魚の魅力 ≫ 根魚の仕掛け      サイトマップ


根魚(ロックフィッシュ)の
ルアー仕掛け

 根魚(カサゴ)の仕掛けと言っても、メバル釣りのルアー仕掛けさえ知ってれば
十分に対応できます。 ロックフィッシュの場合は、メバルのように中層ではなく
海底付近を釣る釣りになるので、仕掛けの重さと種類が一番の問題になります。
(根魚は底を探れるルアー仕掛けが基本)

 軽すぎるルアー仕掛けだと落とす時間が無駄になりますし底がとれません。
 重すぎるルアー仕掛けは根掛の原因にもなりますので、水深にあった重さのルアー
仕掛けが必要。

 その他、オリジナル仕掛けなどあったら教えて下さい〜 →釣り人掲示板
 今までに、こんなのを教えて頂きました♪ →投稿ルアー仕掛け!

根魚の仕掛け一覧
  ≫その他メバルのルアー仕掛けも参考になります♪



根魚仕掛けT・ジグヘッド仕掛け

根魚のルアー仕掛け・ルアーでは基本のジグヘッド ジグヘッドはカサゴでも使用範度は多い
です。
 シンプルが一番と言える万能仕掛けで
様々の魚で使用されます。
 カサゴのジグヘッドの重さは、底を感じる重さの中で一番に軽い重さを基本と
考えます。
 カサゴ釣りは底を取れる事が前提となりますが、重ければルアーが根がかり
しやすく、軽ければ底が取りにくいという事になります。
 潮の流れや水深によるのですが、初めのうちは特に底がしっかりとわかる重さ
ルアーを使用しましょう。

 ※ワームの根がかり回避法は、メバルコーナーを参考にしてください。

 **プチ情報**
 根がかり回避能力に優れたヘッド形状が、各社からリリースされています。各社
いろいろな理論で工夫をしていますので、いろいろ試してみてはどうでしょう。
 僕はラウンドタイプ(丸型)が好きです。 根がかり回避の一番の要因はヘッドの
形状より重さと操作法にあると思いますので、あまり気にしていませんが…。

 【参考】  メバル仕掛け集 ≫ ジグヘッドで底の取り易さ等が変わる説明

  「ロックフィッシュ」に適したジグヘッドを楽天検索



根魚仕掛けU・ダウンショット

根魚のルアー仕掛け、ダウンショット
 底から少し浮かせて釣るのに適した
根魚ルアー仕掛けです。
 左図では、回転ビーズで枝針り風にして
いますが、ラインに直接フックを結んでも
いいと思います。 少し食いが浅くなるの
ですが、それほど気にしなくてもいいです。
 (僕は面倒でも枝張りにしたりします。)

 メバルとの違いは、フックからシンカーまでの
長さで、メバルは少し長め(1〜1.5m)に…
カサゴは短め(0.3〜0.5m)に…が基本。

 根に潜むロックフィッシュ(カサゴ)は、ワームの位置が長すぎる(高すぎる)と
なかなか出てきません。 フックまでの長さは少し短めにしてカサゴが飛び出す
ようにしましょう。

 ≫投稿ルアー仕掛けで親子ダウンショットを紹介

 ≫しっかり固定する「ガッチリ!ダウンショット」

 ≫バス用ルアー説明でも詳しくダウンショットを説明しています。


**ルアー!プチ情報**
 捨てオモリ仕掛けにするのは、絶対です。バス釣りをしている人なら一度は見た事が
あると思いますが、数珠のように連なったダウンショット用シンカーがあります。
 根がかりが激減するそうです。



根魚仕掛けV・スプリットリグ


カサゴでも大活躍!根魚のスプリット仕掛け
 カサゴをルアーロッドで釣る場合、真下に落とす
以外の釣りをするなら、このリグが一番に適して
いると思います。
 コツは、他の仕掛けと同様に、オモリを少し重めに
する事でオモリで底がわかるような重さを使用しないと
何をしてるのか分け判らなくなるので注意しましょう。

 一つの位置から放射状に投げては探る事が出来る
ので、効率もよく広く早く探れます。
 フックとワームの刺し方を変えれば、更に根がかり
しにくくなりますので、いろいろ試して下さい。

 少し遠投して探りたい場合は、キャロライナ風にしてもいいと思います。 重すぎると根掛り
するので軽めのウェイトの仕掛けを使用しましょう。

  ≫ハゼのキャロライナ仕掛けと同じでOK

**プチ情報**
 バス釣りで言われているんだけど、上の図はシンカーが一つですが、これを複数で重さを
同じにすると根がかりが減るそうです。 4個にするなら、自分が使おうとする重さの4等分
したものを4個付ければ良いのです。
 加重が分散する事で根に沈んでいくのを防いだり、海草に絡んでしまうのを防ぐそうです。

 根魚スプリット仕掛けの紹介と説明



根魚仕掛けW・落とし込み釣り方 

ケミ蛍利用の根魚ルアー仕掛け
  暗闇でルアー釣りをしていて、巻いていると
ジグヘッドが、カチンッとトップガイドに当ったなんて
事ありませんか?

 (^^)見えてないんですよね。
 そこで、ケミ蛍を付けてはどうでしょう。

 確かに、のべ竿のように長くはないので、邪魔に
なりそうですがケミ蛍が見えている分、仕掛けの
投入のしやすさや操作性は格段に向上します。
 ケミ蛍は明るいので、沈んでいくのもかなり
深くまで見えます。

 暗闇ではロッドに伝わるあたりだけで魚の当たりを取るのですが、ケミ蛍が付いてると
横に走ったり引き込まれるのが見える場合もあります。
 あまり深くにいくと見えなくなりますが、真っ黒の釣り場では格段に釣りやすくなります。
 しかもよ〜く見てるとケミ蛍にも食ってくる魚もいます。

 次にブームになるのは、ケミ蛍を使用したルアーとかワーム仕掛けかな?



その他の根魚の仕掛け

 本を読んでると沢山の根魚のルアー仕掛けが紹介されています。 ブラックバスをする
人には馴染みのあるテキサスリグ・ラバージグ…キャロライナなどですが、ハッキリ言って
あまり種類は必要いと思います。
 ブラックバスではないので、そんなに強いフッキングをする必要も無く、軽くあわせて
根から引き出す感じですので、ガードやオフセットフックを使うとフッキング率も下がり
ます。

 底をとれる重さで一番に軽い重さを使用する事(不必要に重くしない事)と、集中して
ラインを張り気味にさえしておけば、それほど根がかりもしません。


【注意】磯や岩場でBIG根魚を狙う場合は、オフセット!テキサスが有効な釣り場も
多くあります*゚∀゚)ノ
 ここでの根魚とはカサゴ(ガシラ)程度の根魚です〜。




根魚のルアー仕掛けに使うワームは?

 根魚を釣るルアーカラーは好きなのを使えばいいと思いますが、夜に関しては白系
(パール)系の蛍光色が一番お勧め。 これは、少しでもルアーを見えやすくする為で、
魚からも人間からもルアーが見えやすいと言うのは夜釣りにおいては絶対的に有利
(便利)です。

 参考までに…僕は昼の間ははオレンジや赤系(虫に見えるので)、夜は釣りやすさと
目立たせるために白の蛍光を使います。根魚(ロックフィッシュ)は少しくらいの大きさ
のルアーなら丸呑みしますので、大きく目立つ方が好釣果に繋がったりします。

根魚・ロックフィッシュやカサゴに最適なルアー仕掛け。ワームの紹介

   楽天FISHING ≫ 「カサゴ・メバル」に適したソフトルアー検索

 メバルでは乗らない程の長いワーム(ミミズ系)や、エビの形や大きくてボリュームの
あるワームもカサゴ(根魚)なら問題ありません。
 メバル、アジ用のワームなどよりボリュームがある方が目立ちますので、カサゴには
有効になる事が多いです。
 (・ω・。) カサゴの口は良く開くので、ガバッ!と食い付いて来ます♪
 
 ≫穴釣りのルアー仕掛けの説明



何ニャンルアーフィッシング海のルアー根魚の魅力 ≫ 根魚の仕掛け     海のサイトマップ



■関連リンク■

根魚の魅力根魚の生態根魚つり方根魚ロッド・ライン根魚ポイント


■その他の魚の仕掛け説明■
ルアーの仕掛けの基礎メバル仕掛けスズキ仕掛けメバルのダウンショット

チョイ投げキス仕掛け │ 



スポンサーリンク