何ニャン淡水ルアー極める ミノー ≫ ただ巻き           サイトマップ


ミノーの釣り方!ただ巻き

 クランクのリップが水を掴んで沈んでいく為の物なら、ミノーのリップはルアーを左右に動かす
為の目的が大きいです。

  ブラックバスの人気ルアー!ミノーの基本

 左右に動いて振動し、ただ巻きでも釣れるミノーですが、ただ巻きで最も重要になってくるのは
釣り人…でもなくタックル…でもなくミノー本体です。 無論、他の要素も重要なのですがルアー
本体がキチッと動かないと、ただ巻きでは特に釣りにならないですからね。

 ここではミノーの形状の基本から説明しましょう。

 ※対照的にミノーを大きく反射させながら誘うトゥイッチ説明はこちら。



とりあえず「ただ巻き」を極めよう。

 ルアー釣りは「ただ巻きに始まり、ただ巻きに終わる」と言っても過言ではない位に、ただ巻き
は簡単そうで難しい巻き方です。
 とは言っても、ミノーの場合は巻くだけでも小刻みな動きで振動しバスを引き付けるので簡単と
言えば簡単なのですが…(どっちなの!!?)

 ルアーを巻くコツは簡単で、ルアーが良く動くスピードを目で見て確認しておきます。
 最初に購入したミノーをやみくもに投げて巻くだけではなく、最初は明るい場所でルアーの動きを
確認しておきます。 そうする事で、投げた時にもルアーの動きを想像する事が出来ます。
 ルアーの動きをイメージ出来たら、あとはユックリ巻きとか早巻きなどを状況に応じて使い分ける
だけでOK。
   バス用ルアーのミノー説明画像  
 基本的な動きは、ルアーの後部がスッキリしている程キビキビ動き、後ろに重心があるものは
ヌラヌラ動きます。 絵のような形だけではなく、内部に入っているオモリの位置(重心)でも同じ
ような傾向になりますが投げてみないと判らないのが本音ですね。



各部のパーツで大きく変わるミノー(ルアー)の動き

 ミノーの形状、ウェイトの配置、ラインを結ぶアイの位置、リップ等でルアー「ミノーの動き」は
大きく変化します。
 ルアーを自ら制作する人(ビルダー)は別として、普通にルアーを買って釣りをするという人が
参考にするのは、やはり説明書(パッケージ)や雑誌、HPです。 ルアー開発者の意図や使用
方法なども説明されていますので読んでおきます。
 
 簡単にリップの特長を説明しておきましょう。

 ミノーを正面から見る

 幅広リップ
 水を掴む面積が大きいので当然沈みやすく潜行水深の深いルアーも多いです。 しかしリップ
角度などで調整しているルアーも多く、全てが潜るルアーとも言えません。 ただし、水を押す
面積が大きいのでルアーの動きも大きくなるのが特徴です。

 おちょぼ口リップ(勝手に命名)
 水を掴む面積が小さいのでキビキビと動くミノーが多いです。 リップが小さいと言うことは
当然に動きも小さいと言う事になるのですが、ミノーで良く使われるツゥイッチでは逆に良く動く
ルアーになります。
 水の抵抗が少ない分、シュル〜と大きく移動するのです。
 φ(・ω・。)やっぱりルアーって、巻いてみないと判らないものですなぁ〜。

 最終的なアイの位置
 自分でミノーを作っちゃう凄い人たちは、アイ(結び環)の微妙な位置でルアーの動きは大きく
変わると言います。 ラインを引く部分なので一番に大切と言えば当然な訳で、ルアーを巻くと
右へ曲がるとか全然沈まないなんて場合にはアイが変形している事が多いです。
 有名メーカーの場合、大抵は何もしなくてもキチンと泳ぐので調整は不要ですが、狂ってる?
と感じたら微調整しましょう。 (゚Д゚;≡ 微調整ですよ。
    ルアーのアイの調整で変わるルアーの軌道

 絵を参考にルアーが真っ直ぐ泳ぐように修正してください。 ルアーが右曲りで泳ぐなら、
ルアーを正面から見て左に曲げます。 (逆の場合は逆へ曲げます)
 ヾ(´ε`;)微調整を忘れずに!あまりやり過ぎるとポキンッとなりますよ。

横から見るアイの調整
 調整と言っても、縦方向で狂う事は少ないので調整をする事は少ないと思うのですが、この
向きルアーの動きに大きく影響を与えます。

    アイの上下でルアーの動きは変わる

 アイが上にある(変形)
 ルアーが前傾姿勢になり水の抵抗が増える。 結果的にルアーの動きも大きくなりユラユラ
系の動きになりがちです。
 フックの位置もルアーの後方へ変化するので根係回避性能が少し増すと言えます。
 
 アイが下向き(変形)
 ルアーは水平姿勢に近づき水の抵抗が減ってくるのでキビキビした動きになります。
 リップの大きさにもよりますが振動も小刻みになってきます。 ルアーの下側にフックが飛び
出すようになるので、障害物に引っ掛かり易くなったりもします。



 ミノーのただ巻きの最後に…

 イロイロ解説しちゃいましたが、ルアーは投げてみないと判らない…。が本音です。
 何個も自主制作している人が、同じようにして作ったルアーでも同じ動きを出すのは難しい
らしく本当に微調整が難しいと言います。
 形状やウェイトの位置でも全く変わってきますので
最後は投げてみるしかないのです

 僕もどんなに調整しても真っ直ぐ泳がなかったり、速く巻くと変な動きになったり…
(#゚Д゚)ノ このルアーダメだっ!なんてのも多く経験しました。(有名メーカーでもあった)
そんなルアーはフックを外してキーホルダーにしたり、部屋に飾ったりして楽しんだものです。


 新しいルアーを買ったら、明るい場所で使ってみる! 意外と重要なのですね〜。



何ニャン淡水ルアー極めるミノー ≫ ただ巻き            淡水サイトマップ



■関連リンク■

ミノーの基本 U ミノーの特長トゥイッチ説明ミノーを語る ミノーのアンケート


その他のブラックバスのルアー
クランクの基本説明 │ バイブレーションの基本 │ スピナベの基本 



スポンサーリンク