何がニャンでもルアーフィッシングお勧めリール一覧 ≫ カルディア11              サイトマップ

リール説明
  ダイワ精工(CALDIA)カルディア11

 思い起こせば今までのカルディアは全て使用してきた思い出があるのですが、今回のカルディアは廻り
合わせがなく【資金も無く】購入しておりませんでしたが、発売から数年…やはり購入してしまいました
カルディア11。
 ダイワ精工の中級クラスリールとはいえ、ダイワ精工の最新技術を取り入れてきて、もっとも優れた
コストパフォーマンスを実現してきたと思うリールですので、今回のカルディアは特にお勧めできます。

 正直な話、前回の09ではモデルチェンジの目玉がホワイトカラーだっただけに、大きく個人的評価を
落としましたが今回のカルディア11では全く新たなリールとなっています。

高性能リールのカルディア11紹介

 ザイオン・エアローター・マグフォース搭載のリールは登場時から使用していますが、今のところは
全て問題もなく使用していますので、それを取り入れたカルディア11もお勧めと言う訳です。

 ヾ(´∀`)では!カルディア11を遅ればせながら紹介していきましょう。   記事2013/09(遅ッ)

 カルディア-KIXの紹介    カルディア2009の紹介 ※歴代のカルディア達。

 ≫後続機種のカルディア14の説明  ≫カルディア14にBB追加

 ≫歴代のカルディアを比べてみる


 

旧カルディアとの比較をしてみる


 旧カルディアの紹介カルディアKIX紹介カルディア09 ≫ カルディア11

歴代のスピニング、カルディアを紹介

 奇抜?だった白ボディを一新し、リールらしい色になりました。 やはりシルバー系・ブラック系の
リールの方がロッドと組み合わせてもシックリきます。
 カルディアはダイワ精工のリールの中でも独自の形状をしていたのですが、今回のカルディアは
エアローターを採用しているので、ダイワ精工の高級機種の形に似ています。 
 最近のダイワ精工の流れとしてカーボン調を強調していますが、カルディアも細部にカーボン柄が
取り入れられています。


カルディア11の外観を眺めてみよう?

 見た瞬間に、ヾ(´ω` 宇宙船とか好きな僕にはカッコよく見えるのですが、スッキリ派には
ゴテゴテBODYに感じちゃうかもです。
 なんだか、エアローターが宇宙ステーションの重力発生システム(遠心力を重力にする奴)に
見えてきそう。 

 個人的にはカッコいいと思うボディになりました。

リール本体写真。クリックで詳細写真
【各画像をクリックでリールの拡大図画確認できます。】

 こんな軽量くり抜きボディで、ラインとかゴミとか入り込まないのか?と心配する釣り人も多いと
思いますが、砂の上に直接置かないとか・高圧洗浄をしないとか守れば全く問題ありません。
 ゴテゴテ感のある外観の割にはラインなどの巻きこみもありません。

 写真は拡大できますのでリールの細部まで確認してみて下さい。
 ハンドル付け根のカーボン柄・ザイオン表示などもカッコいいです♪ 細かく入り組んでいますが
水洗いも出来るボディなので問題はありません。(漬けたり高圧水はNG)

 ´ω`)ノ 細部がカッコいいリールはパッと見もカッコいいのだ♪


カルディア11の性能紹介

 値段も性能の一部と考えると、ダイワ精工のカルディアは一番にコストパフォーマンスの良い
リールだと思います。
 しかもダイワ精工の最新技術を搭載しているカルディアなので性能も高性能です。
 カルディアの平均価格は25000円(定価)。 ダイワの最上位機種イグジストは75000円。
 確かにイグジストは凄いけれども、比べれば比べるほどにカルディアのコストパフォーマンスの
高さを再確認しちゃいます。
 上級者でも使える性能を持つリール!カルディアは凄い♪



カルディア11を評価してみよう〜!

  まずはプラスは全体的にカッコいい外観が点数を大幅に上げています。 リールはパッと見が大事で
全体的なフォルムがカッコいい上に細部もカッコいいので釣り場で楽しめ、部屋に置いていても眺められる
仕上がりのリールとなっています。
 
 性能面でも問題はありませんでした。 ドラグの滑り・ハンドル回転・エアスプールの回転などもスムーズ
で軽く回転します。
 長い間で進化したカルディアの基本性能に、さらにエアベールで良くなった感じがします。

 カルディア11でもトーナメントドラグにBBは追加されませんでしたが、こちらはカスタマイズ性を残した
感じでしょう。 自分で手軽に性能アップ出来るので是非ベアリングを追加しましょう。

 ≫カルディアをBBトーナメントドラグ仕様に変更する

 ≫カルディアにラインローラーBBを追加♪はこちらで紹介

 総合点でも非常に高いカルディア11なのだ♪


ダイワ精工カルディアの紹介

 ゝ(`・ω・´)ノ …と、ここでは+評価!マイナス点は…。

 ハンドルが何かシックリしません。 グリップ力や見た目に問題はありませんが、手触りがザラザラしてて
溝にゴミとか入りそうです。 2004・2506のハンドルに関しては、な〜んか手触りがなぁ〜。
 ※かなり個人の好みがありますし交換も可能なので…。
 
 次にスプールのカーボン柄を抑え込むプレート。 ダイワのマークがデザインされてますが、出来れば
何もないか、シンプルな物が良いように思います。 溝の中に納まってますのでラインの引っ掛かりなど
は経験ありませんが、割れたり、変形したりしないのか心配な部分ではあります。
 取れるとカーボン柄も剥げて来そうな気もします…。

 まあ、あえてマイナス点を挙げてみましたが決定的なマイナスではないです。


 =´ω`)ノ 総合評価は92点とします♪ 

 高評価の理由はやはり今回のモデルチェンジに、ダイワ精工としてのカルディアの思い入れを感じたから
です。 ダイワ精工のお勧めリールは?と聞かれると、カルディアと答えられるようなモデルチェンジをして
くれています。
 また豊富な品番も様々な釣り・用途に応じて選択できるのもカルディアの魅力です。

 カルディア09のモデルチェンジが (゚Д゚;?だっただけに今回のは裏切りません。
 これは裏返すと、ダイワ精工の最もコストパフォーマンスが優れたリールと言え、価格も性能の一つと思う
管理人にとってもカルディアは販売以来ずっと好きなリールです。
 定価の若干の値上げも時代の流れもありますので仕方ないでしょう。

 最新機能がどんどん取り入れられていくカルディア! 満を持して登場したと言う訳でしょうな♪


カルディア11のライバル機種は?

 同じ価格帯を占めるシマノ製バイオマスターがカルディア11でも一番のライバル機種です。
 正直、カルディア09まではバイオマスターの方が優れておりましたが、モデルチェンジ後はカルディアが
盛り返した感じです。

 ベアリングの数は同じになり、値段も大凡で同じ。 特記すべきはカルディアにザイオンが採用されて
大幅な軽量化が計られたことで、アルミ素材のバイオマスターよりも当然に軽く仕上がっています。
 個人的にザイオンの素材の耐久性が心配でしたが、ザイオンボディのリールを長く使っても特に問題が
無いので良いと思います。

バイオマスター VS カルディア09  簡単スペック比べ (2013/09月)
規格 リール機種 本体重量 ベアリング数 最大ドラグ 希望売価格
C200S
2004
BIOMASTER 205g 6+1 3s 22,000
CALDIA-11 205g 6+1 2kg 23,000
2500
2500
BIOMASTER 260g 6+1 9s 22,500
CALDIA-11 225g 6+1 7kg 23,000
2500S
2506
BIOMASTER 260g 6+1 4s 22,500
CALDIA-11 225g 6+1 3kg 23,500
C300S
2508
BIOMASTER 280g 6+1 9s 24,500
CALDIA-11 230g 6+1 7kg 23,500

 ■シマノ型番説明。
 S:シャロースプール  HGS:ハイギア+シャロースプール  SDHはシャロースプール+ダブルハンドル
 HG:ハイギア仕様   C:コンパクトボディ
 ■ダイワ精工では H が付くとハイスピード巻きになります。
 
 ※シマノ製リールにはエコノマイザーが付属します。 装着するとシャロースプールになるので、不要な
糸巻などが減ります。
 ダイワにも欲しいパーツですね〜。


 なんだかんだあるのですが、良きライバルは切磋琢磨してお互いに良いリールになります。 この価格帯
のリールで張り合ってもらえると購入者には嬉しい限りですね〜。
 価格同じ・ベアリング同じ…とするならば、やはりダイワ精工の最新技術を取り入れたカルディアに軍配が
上がる様な気がします…なので

 
(`Д´)ノ 独断判定でカルディア11の勝ちとしますッ

 次回はシマノがCI4採用で迫ってくる予感!!



お勧めのスピニングリール一覧を確認する。

 【その他のスピニングリール紹介】
 レアニウムバイオマスターナスキールビアスカルディアKIX月下美人 | レガリス

 クレスト │ 月下美人14 │ カルディア14 │ プレッソ14




ダイワ精工スピニングリールの紹介とお買い物

 カルディア2004 (管理釣り場・バス釣り・メバリングなど、主に4lbを使用するリール)

   リール市場 ≫ Daiwaのスピニング ≫ カルディア ≫ 2004・で検索


 カルディア2506 (シーバス・エギングなど、主に6lbやPEラインを使用するリール)

   ≫2506番のカルディアを検索    ≫ダブルハンドル仕様のカルディアを検索


 カルディア2500・3000 (シーバスなどの少し大きめの魚種を狙うリール)

   2500番のカルディアを検索     ≫3000番のカルディアを検索



何ニャンに戻る初心者のフィッシングバスフィッシング海のフィッシングサイトマップ



■関連リンク■

スプール説明 | ダイワのリール糸巻量 | 耐食ベアリング実験 | ブラックバスのリール説明

RCSラインホルダー | 



スポンサーリンク