何ニャン!ルアーフィッシング初心者の釣りライン試験 ≫ 使い易さ         サイトマップ


ラインの実験 (使いやすさ)

 ルアー用ラインの伸び実験の続きで、ルアー用ラインの使いや易さの実験もしてみました。
 (^◇^;使い易さというか、よれの付き難さやリールへの馴染みみたいなのを調べたんだけど、究極の
細い物と言う事で、ストローにラインを巻いてみました。
 相変わらずの、アナログ実験ですが紹介しましょう。 

 【使用ライン】月下美人 フロロカーボン3Lb / 月下美人 ナイロン3Lb

ラインの準備 (ライン実験1日目)

フロロとナイロンラインの実験風景

 ↑ このようにストローにラインを巻いておきました。
 一応、綺麗に並行巻にして、ライン実験の条件を同一にしました。

ラインの試験 (ラインの2日後は…)

 ↓これが2日間後。 ( ̄▽ ̄)おっ!判りやすいですね。
 
 外したした瞬間からラインの巻き癖が全然違います。 ナイロンラインは、ブワッと膨らんで元に
戻ろうとするんだけど、フロロラインは、そのままの形で維持した感じ。
ラインの実験写真
 ここまで差があるとは思いませんでしたが、やはりナイロンラインは柔軟さがあるのでしょう。
 ※ラインの銘柄でも差があると思います。


ラインの試験(3日後は…)

 ↓ 更に水に浸けてみて、1日放置しておくと下のようになりました。
 
 もうこうなると明らかな差があります。 広がるほうがバックラッシュしそうなイメージですが
逆に固いとなりやすく、柔らかいほうが馴染みが良くトラブルが少ないと言えます。

  (*゚▽゚*)ノ リールへの馴染みがよい! と言う点ではナイロンライン有利ですね。

(ナイロン・フロロ)ラインの写真、その後

 同じ実験をPEラインでもしてみました。

 ≫結局のところ、ラインはどうなのだろうか…?




 今回の実験は究極に細いラインスプールとして考えると、ナイロンラインの馴染みの良さはフロロ
をかなり上まりますね。 特にスピニングリールのバックラッシュを防ぐには、馴染みの良いナイロン
が有効なのかもしれません。
 この辺りからも、初心者はナイロンラインと言われているのでしょう。
 (・з・)ノ 今回、使用のラインは月下美人のフロロ・ナイロン/3Lb。 しなやかなフロロなども発売
されてきているので、ライン銘柄でも違うと思います。


何ニャン!ルアーフィッシング初心者へ戻るライン実験 ≫ 使いやすさ


■関連記事■
ラインの基礎 │ メバルのライン │ バスのライン選び │ ラインの規格 | ラインの結び方

淡水のルアーフィッシング │ 海のルアーフィッシング │ 釣人の交流広場



スポンサーリンク