何ニャン!ルアー初心者の釣り釣具実験ライン試験 ≫ 結果         サイトマップ


釣りのライン実験の結果


 ルアー用ラインの伸びの実験とスプールへのラインの馴染み実験をしてみて思った事は、
( ̄▽ ̄;)まあ、我ながら良くやったもんだ! と言う事。 でも、実際にやってみないと判らない事も
多々あるので、簡単実験でも参考になればと思っています。

 ≫ルアー釣具の実験コーナー一覧はこちらで確認



フロロは伸びにくいので感度が良い?

 ヾ(・ε・。)とは言い切れないですね。 今回のラインは月下美人のラインを使用してみましたが
どんなフロロでも伸びます。 伸びにくいと言うのはあるかもしれませんが、ナイロンとフロロの差を
伸びで感じられるのは、重いルアーや抵抗のあるルアーを使った場合にだけ言えるのかも。

 体感できるかどうかは疑問です。  わざと伸びるようなナイロンライン以外で、感度重視とか低伸度
ナイロンラインならフロロと同等かもしれません。

 ( ̄▽ ̄;)まあ、結局はラインの銘柄しだいって事ですかね。

  フロロラインとナイロンラインの図

 フロロラインはナイロンに比べて比重が重くなります。 ナイロンは軽いので、上の図のようになる訳です
が、フロロラインはその固さと比重の重さが感度に貢献していると思われます。 
 伸びにくいので感度が良い!と言うのは、ライトリグをする場合なら当てはまらないのかも…。

 **参考比重ラインデータ**  メバル専用ライン、ダイワ精工月下美人の場合
 ■ナイロン 1.14     ■フロロカーボン 1.78      ■PEライン 0.98



ナイロンの方がトラブルが少ない

 これは、ラインの固さからいってもナイロンラインに軍配が上がる!
 フロロの固さは、その張りで感度に貢献する分、スプールへのなじみは悪いようです。



フロロは強い

 3lbの規格のライン同士で、こんなにも差が出るとは思いませんでしたが、実にその差は約300グラム。
メバルなら結構なサイズじゃないかな?
 この月下美人はフロロの方が少し太く、その分がラインの強さに影響をしたのかも。

 ≫ もっと強いPEライン実験も紹介中!
 ≫ PEラインの「しなやかさ」の実験
 ≫ PEラインの傷を実験



結局のお勧めラインは?

 ヾ(・ε・。) どうだろう…この結果を見てみると、やはりフロロがお勧めかな!
 少し高いけど、その分が強さに影響していると思えばいいし、何よりもある程度沈んでくれるラインの方が
僕は釣り易いです。 
 実験はしてないのですが、フロロの方が耐久性(長く使える)もあるように思えます。
 最近は、柔らかいフロロ! や感度のいいナイロン!と言うように、お互いの短所を補うような改良が加え
られているラインが多いようです。
 今回のライン(月下美人)も、各短所を改良されたラインでした。
 結局は好みで選べばいいのかなぁ(←いつもこれ) 

(〃 ̄З ̄)ノ ズバリ意見を言うと、総合的にラインはフロロがいいと思います。

【注意】 いろいろな、ラインの銘柄、ラインの規格を変えたらまた違った結果になったかもしれませんので、
あくまでも参考にしてくださいね〜。



 楽天でラインの検索が出来ます。

 ⇒ナイロンラインを検索   ⇒フロロラインを検索   ⇒PEラインを検索

 ラインコーティング剤の検索
 (・з・)ゴミ・塩分・とかを弾くのでライン寿命が延びます。  







何ニャン!ルアー初心者の釣り釣具実験ライン試験 ≫ 結果          サイトマップ


■関連記事■


ライン基礎メバルのラインバスのラインラインの規格ライン馴染み実験 PE実験

エギング専用ライン │ シーバスリーダーシステム




スポンサーリンク