何ニャン初心者 釣具実験ラインの試験 ≫ 極細PE実験    サイトマップ


極細PE(合成ライン)実験

 メバリングやアジングで極細PEラインが人気になってますが、デメリットも多い
ので、好んでは使用していませんでしたが、フロロを組み合わせて使い易く
なった(合成ライン)なども登場し、極細PEラインも多く販売されてきています。
 ヾ(´ω` しかも手頃な価格で買えるラインもありますので、メバリング・
アジングのみならず、ブラックバスなども愛用者が急上昇中!
 超高感度&遠投性能はメバリング・アジングなどでも超重要!
 釣れる魚の数も違ってくると言う物です♪

 今回はそんな極細PE(フロロを合成)ラインをアナログ実験してみました。

 【アナログ実験の注意】
 ・身の回りの物を利用しているので、正確ではありません。
 素人検寸ですので「参考値」程度と思ってくださいね。

 ※強度(伸び)実験と摩耗実験をしています。

 ≫ルアー釣具実験の一覧はこちら



極細PEライン(フロロ合成)の強度実験

 何と言っても気になる強度です。 ラインの箱などに書いてあるラインの
Lb(ポンド)数は、この荷重で切れますと言う数字です。 しかしこの数値は
結束強度とは違いますので、確認の為にも実験してみました♪

 【実験の概要】
 採用ラインは管理人がメバルメインで使用しているラインから、3種類の素材と
強度を選定した。 強度を揃えるとナイロンとフロロが太くなりすぎ、また、
ライン径を揃えると両者の強度が違いすぎるため、一般的にメバリング・
アジングで良く使われる強度&号数を採用。
 ・合成・極細PE採用 DUEL製アーマードフロロ 7.0Lb/0.4号
 ・ナイロン採用  Daiwa製,月下美人 2.5Lb/0.6号
 ・フロロ採用  Daiwa製,月下美人 3.0Lb/0.8号


 バケツ側は取っ手にラインを巻きつけ、上側はスイベルのリングに結束。
 実験では100g単位でゆっくりと水を入れていき、切断された水の量を計測。
ラインがスイベルリング以外で切れた場合は再試験とした。
 ※100gは家庭用調理秤(デジタル)で計測
 尚、ラインの長さはリング結束部からバケツまでを300mmとしている。
 
 同時にバケツの端にマーキングした部分で、定規を当ててラインの伸びを
ミリ単位で計測した。 伸びに関しては、バケツのみの重量400gの付加を
掛けた状態からの測定とした。

 それぞれ2回行い、平均値をデータ化する。


 超アナログなのと、部屋が汚いのは、温かい目で見て下さい。
 
 実験は意外なほどアッサリと終了。 全てリング結束部で切断出来た。
 では結果を表にしてみました。



 結果は、さすがPEライン。 0.4号と一番に細いですが、結束強度で
平均1750gとなりました。 メバル・アジングなどではリーダーを組まない場合
でも強度不足は無いようです。
 (-ε-; アナログなのでと思いきや、データ的にバラつきはありません。
 切れた瞬間はバケツがドカッ!と落ちてビビります〜。


 ※縦軸・ライン伸度(mm) / 横軸・ライン負荷(g)

 グラフ化して見ましたがPEラインは、一番に細いながら強度的に一番に
強いです。(7Lb表示なので当然か)
 伸度に関しては400g加わっている処からの計測です。
 実際に使用して見た感想では、アーマード・フロロはフロロに比べると何倍
も高感度に感じます。

 **大よその参考結束強度率について**
 PE+F= 7*450g=3150g 1750/3150= 56%
 ナイロン= 2.5*450g=1125g 1200/1125= 106%
 フロロ= 3.0*450g=1350g 1400/1350= 104%

 ヾ(´ε`;) 100%超えちゃうのが、アナログ実験なのだろうか…。
 最後は切れそうなので、水をチョロチョロ入れたのでこのような結果になる
のかも知れませんが…、ライン表示Lbで切れないと言うのも問題がありそうな
気もしますが…。
 まあ、なにぶん素人測定ですので…誤差でしょう〜。 誤差です!!

 ≫以前のフロロ・ナイロン実験はこちら
 月下美人のナイロンとフロロを比べています。




極細PE(合成)ラインの摩擦実験

 極細PEラインの中には0.1号なんてのもあり、ビックリなのですが、やはり
ラインの根ズレは怖いです。(特にPEラインは根ズレに弱い)
 今回実験に使用しているラインは、フロロをコーティングしていると言う
合成PEラインですので、もしかしたら根ズレにも強くなってるかも!
と言う期待も込めて実験です。

 ≫以前に行ったPEラインの傷実験はこちら

 【摩擦実験の概要】
 ペットボトルを利用したオモリを持ち上げた回数を測定します。
 摩擦部分は、触った感じが岩肌・ザラザラのコンクリート面に近いと感じた
400番の紙やすりを使用。(木材、から研ぎ用)
 ライン角度を90度にして、オモリを10cm持ち上げる事とした。



 昔に計った大物メバルが300g位で、20pクラスが150g位だった記憶も
あったので、設定を150gで開始。
 プチっ!ヾ(´ε`;)まあ、これだけ細いし…。
 100gにして…プチッ。 (゚Д゚;≡ これは〜ヤスリの目が粗すぎたのかも。
 結局、PEライン+フロロをコーティングでは、0.4号と言う細さもあったのか
50gを何とか持ち上げれる程度でした。(2回目は切れた)


 目安の重さ 100円硬貨/約5g

 0.4号合成PEラインでは1回で切れた50gを基準として、2.5Lbナイロン、
3.0Lbフロロ、参考としてPEラインの1.5号(25Lb)もやってみました。
 やってみるとPEの弱さが際立ちますね〜。
 フロロとナイロンに関しては、微妙に号数が違うので、号数を揃えると
同じ位と思います。

 50gの重さでの違いをグラフにしました。
 ちなみに使用した500ml用ペットボトルは、空で33gでした。アイフォン6
だと130g位。 6plusは170g程度です。 
 1.5号のPEライン(25Lb)でも4回は持ち上げられないので、摩耗(根ズレ)
には極端に弱いと言えますね。



  楽天スポーツフィッシングライン一覧PEライン



何ニャン初心者ルアーライン基礎 ≫ 極細PE実験    サイトマップ


 ≫ルアー釣具実験の一覧を確認する。



■関連リンク■

バスフィッシングのラインメバルのラインエギングのライン

渓流釣りのライン管理釣り場のラインアジングのライン



スポンサーリンク