何ニャン!ルアーフィッシング淡水の釣りライブウェル ≫ アドバイス     サイトマップ


ライブウェルを作ろう〜
       簡単アドバイス〜。


(ノ^ω^)ノ ■ 自作ライブウェル完成〜♪

 自作ライブウェルまで完成させた人には、ライブウェルを使いやすくするポイントをアドバイス
しておきます。
 ライブウェル製作の基本 と ライブウェル製作グッズはこちらで説明。

自作ライブウェルを作ろう!製作ワンポイントアドバイス。



ライブウェルの蓋にシート貼り&定規を貼る!

 (。-ω-) ? う〜む… このバスはキーパーかなぁ? と悩む事は時々あるはず。
 釣れない日は特にギリギリをキープする時もあるので特にです。
 僕は100円均一の定規に穴を開けて、ライブウェルの上にくっつけてました。 両側に穴を
開けてボルトで固定したり、両面テープでとめたり。
 ちょっとした事ですが、キープサイズの部分にテープを貼っておいたりすると便利ですね。

 自作ライブウェル!一工夫で使いやすく

 ボートのデッキ改造でも紹介していますが、自分のボートのデッキ製作とデッキ張りは全自作。
 デッキのシートはマリン専用品を貼ってるのですが、余った布切れをライブウェル上部に貼ると、
一体感がでてカッコいいですね。
 水温上昇を防いだり、バスを乗せてサイズも測れます〜。



ネットでバスの脱走を防ごう!

 過去に経験のある実話ですが、バス釣り大会ではライブウェルから計量バッグに入れて
バスの計量に行く訳ですが、この計量バッグに入れている途中にライブウェルのバスが暴れだし
ボートのデッキに飛び出し逃げて言った事があります。
 (;゚Д゚)σうぁああああ〜 戻って来おおお〜い。 計量前だけにガックリは大きかったです。
 その後、ライブウェルにネットを付けてバスが飛び出す事はなくなりました。
 逃げた魚は大きいぞ!!
ライブウェルから飛び出すバスを防ぐ!
 ネットはホームセンターで剛球ネットが切り売りしています。 取り付け方は自由で、バスを
簡単に入れる事が出来、簡単には飛び出せないようにすればOK。 大きすぎるネットはすり
抜けますので注意しましょう。
 イロイロ考案して試してみて下さいね。

 僕はネットの間にゴムを通し、部分的に固定。あとは引っ掛けるようにして張り、バスを
入れる時には外して入れてました。



 

ライブウェル内部は黒色がいい!

 クーラーボックスを利用した場合、内部の色は白か黒が多いです。 選べれるなら黒の方が
いいです。
 これは真っ黒の方がバスが大人しく、ライブウェル内で暴れない効果があるのです。
 比べた事は無いのですが、白と黒どちらも使った事がありますが、小さいクーラーボックス
でも黒の場合はバスが並んで大人しくしてました。

 閉めると暗くなると思うんだけど、売ってあるライブウェルも黒が多いからね〜。

 白の人は黒に改造してみましょう〜。 とは言ってもペンキなどで塗ったら剥げて汚くなります
ので黒色のカッティングシートで貼り付ければOK。
 白の利点はライブウェルを上から見たときにバスが見やすい事で、入れ替えのときなどは
便利です。



ライブウェル内のバスをマーキング!

 リミットメイク出来た場合の話ですが、小さいバスを大きいバスと入れ替えるようになります。
 その時に意外と面倒なのがライブウェル内から小さいバスを見つけ出す作業。
 ライブウェルの内部色は黒色が良いと紹介したのですが、黒の中にバスが居ると非常に
人間からは非常に見えにくくなります。

 それを防ぐのがバスに印を付ける、バスマーカーなる商品。 2個位用意しておいて、これは
小さいなぁ〜と感じたバスに付けておけば、入れ替えられる!と思ったバスを追加した場合に
直ぐに見つけられます。
 ライブウェル内でブラックバスの見分け方法
 商品選びのコツは絡まないようなマーカーを
使うようにし全部のバスに付けない事。
 一番に小さいバスにマーキングするように
しておきましょう。
 全部に付けると絡み合ってバスが弱ったりします。 
 ヾ( ̄д ̄;どっちが大きいのかなぁ? などと迷う事もありますが、僕の場合は大会中には
重さを計ったりはしません。 持った感じと見た目で入れ替えていきます。 迷ったら元気な
ほうをキープしていますね。
 厳密に比べられるヤジロベーみたいな物もありますが、バスが暴れて計り難いです。



ライブウェルをシッカリ固定!

 吸水ポンプを船尾に伸ばしたりしてボートの後ろから吸水させたりする方法もあるのですが
アルミボートの手軽さを損ない邪魔になります。
 そこで取ったり付けたりする事の簡単なお手軽ライブウェルなのですが、循環式ライブウェルの
場合はボートのガンネル上を越えて排水するので、非常に不安定になります。
 プレーニング時の船首が上がるときや急な波でライブウェルが倒れる事の無いようにシッカリと
固定しましょう。

 ( ̄▽ ̄; これだけ重いので安定してるだろう〜。 と思うのですが、ライブウェルの内部には
水が入ってるので余計に不安定になります。 十分に固定が必要です。


ライブウェルはボートにシッカリ固定しよう〜


 結束バンドやゴムバンドで固定したり、転倒防止のステーや、ライブウェルの裏側に
マジックテープなどを貼り付けても固定できます。
 中央のデッキとアルミの船底に隙間が有る場合、下まで下げると非常に安定します。
 改造が面倒ですが、デッキを自分で作る人は、事前に考えてみるといいかもしれません。
 
 アルミボートのデッキ製作でも紹介していますが、ビルジの配線を近くまで持ってきたり
しています。
 イロイロ考えて改造すると面白いですよ♪



何ニャン!ルアーフィッシングブラックバスライブウェル ≫ アドバイス     淡水サイトマップ



■関連リンク■ 


ルアー対象魚ルアー釣りシーズン表(淡水)バス釣り魅力バス釣りマナー

 ≫ライブウェルの製作用品と工具類

 ≫バス釣りのボート説明

 ≫ロッドスタンドの製作方法



スポンサーリンク