何ニャン ルアーフィッシング海のルアーアジング ≫ 大物アジ釣り      サイトマップ


大物アジを釣り上げよう〜。

大物アジのルアーフィッシング

 アジングで大物アジは、25cm〜30オーバーのアジを言います。 40オーバーを超大物。
 写真のアジは30cm程なのですが、眺めてみると…。

 (-ε-;) 雨の中で釣ったので画像の粗い普通のアジ…。 ではなく、身体を見ると…
 そう、カツオとかマグロのミニチュア版なのだ。 アジは正にカツオであり、マグロなのだ!と、
書くと、鯵→鰹→鮪と出世魚だったのかッ!!と勘違いする人も居る(?)かもしれないので、
訂正しておきますが体付きがなんとなく似ているのです。
 これは、鯛とも違いますし、シーバスやメバル、カサゴなどとも違います。 魚はその環境で
身体も進化させており、アジは小さいながらも流れの中を泳ぎ進んできた進化なのでしょう。
 凄いぞッ!アジ!

大物アジの写真
 その力はアジが大きくなれば成るほどに強くなり、大物と呼ばれるアジでは釣り人をビックリ
させるような引きとパワーを見せます。
 大物アジを柔なロッドやラインで釣ると、不安になる程の引きをしますので、大物アジを
対象にイロイロと説明
しておきます♪

 ≫大物アジより釣れる地域も多いけど、意外と難しい小物アジング紹介中

 ≫大物アジが居る海域に行くのが一番の早道。 ≫アジングの釣り場





アジ釣りのルアーを考える                    

 大物アジなのでルアーもやはり大型? ではありません。
 アジは大きくはなっても口が他の魚を食べるように(右:シーバスの写真)成長することも
ありませんので、あまりに大きな(太い)ワームや長いワームを使用するのは逆効果
アジの口の写真
 結構な大物のメバルの口のサイズ(写真:中央)に似ているので、大物アジでも使用する
ルアーはメバル用のルアーをお勧めします。

 個人的にお勧めする物はメバル用のミノーなどよりも、メバル用メタルジグやジグヘッド。
 ミノーでの釣りは楽しいのですが、遠投性能やフッキング、釣れた場合のやり取りを考えると
やはりジグヘッドがお勧めです。
 通常のメバル用ワームでも十分ですが、大物メバル専用の少し大きなワームなども
ありますので利用してみましょう。

 組み合わせるジグヘッドについて

 大物アジと言っても基本はメバル用のジグヘッドを使います。
 メバル用なら大きめな太軸ジグヘッド、バス用なら小さめのジグヘッドを使用します。
 大物アジ釣りでは、表層から深い層まで釣り分ける事も多いので、ジグヘッド重さも数種類
用意しましょう。
 アジ専門!と考えずにメバル釣りの道具を流用するようにすれば両方共に楽しめます。
 個人的にはフックの形状もメバル用で特に不便を感じません。
アジ用ジグヘッド写真
 上写真は全部メバル・カサゴ用のジグヘッドですが、左と右ではフック軸の太さが違います。
 フックの構造上フッキングすれば曲がりにくいとは言え、大物アジを狙うならメバル用では
太軸フック
を選びましょう。
  ※太さにして極僅かですが、フックの強度は全く違ってきます。

 ジグヘッドの重さなどなど…

 大物アジになると様々な釣り場や水深、遠投性能などが必要になる為にジグヘッドの重さも
数種類必要です。 使用するワームの巻き抵抗でジグヘッドの重さも重くしたりして飛距離を
稼いだり、沈下速度を変えたりなどなどイロイロな釣り場に対応出来るように数種類を用意
しましょう。
 お勧めは1.0g〜3.0gのジグヘッドで、ワームの組み合わせで水深や巻く速度を調整します。
 (同じジグヘッドでも組み合わせるワームで釣り方が全く変わります。)

(  `)/~ ~  遠投を必要とする釣り場では、重いルアーを付けるよりは、メバルなどでよく
使われる遠投仕掛けに切り替えましょう。

 ≫メバルの遠投仕掛け説明はこちら。
 
 ≫アジングの仕掛け集の説明はこちら。


  楽天FISHING ≫ メバル用のジグヘッドを検索



大物アジのタックルを考える                  

アジングのロッド

 シーバスの引き、ブラックバスの引き、メバルの引きとも違った引きをするアジですが、25cmを
超える大物になるとその引きは強いです。 同じ25cmとすれば泳ぐ力の強さはトップクラス。
 ヽ(`Д´)o/ ̄ ̄ ̄ ̄ おおおッ!引く〜!!
 そこでお勧めするロッドとしては…
 ■長さ7.6フィート 〜 8.0フィート ■パワーはメバルなら大物メバル専用、バスならライト〜
ミディアム系ロッド。 バス用でもロングスピニングが増えて来たので良いのも多いのですが、
持ち運びの利点や収納性を考えて2ピースを選ぶのがお勧め。
 そうなると、海用でメバル用ロッド。その中でも大物メバルに対応出来るロッドを選べば、
メバリングにもアジングにも両方使えて便利だと思います。
 ■アジング専用ロッドもお勧めです。

  楽天FISHING ≫ アジングのロッドで検索


組み合わせるリール

 特に大物アジだからと言って大きなスピニングは必要ありません。
 現在、使用しているスピニングが2000番〜2500なら十分に使用できます。
 この大きさはバスやメバリングでも多く使用されているので流用しても良いでしょう。
 ※淡水専用リールもあるので注意。
 特に大遠投をする訳ではありませんので、4〜6lbラインが100メートル巻けるフィネ系の
スピニングリールを選んでも良いと思います。

 ≫お勧めスピニングリール集はこちらで紹介。


アジングのライン

 実はコレが大物アジを狙うには一番に大事。 ラインの素材ではなく、ライン強度が大事だと思う
のでナイロンでもフロロでもどっちでも良いと思います。
 PEラインでも良いのですが特に遠投を必要とする釣り場では、メバルなどの飛ばしウキを
お勧めするので、PEラインは巻かない方が無難だと思います。
 大物狙いのアジングには、最低でも4lbで、4〜6lbを平均として巻きましょう。
 大物アジングのお勧めラインは、5lbのフロロを推奨します。

 ≫各種釣り用ラインの特長はこちらで説明しています。



大物アジのシーズンは情報収集が…            

 自分の釣りに行こうとする地域のアジ情報を調べましょう。 北海道の北を除けば日本全国に
鯵は居るとされていますので、人気の釣り魚な筈です。
 φ(・ω・。) ネットでも良いですし、釣具店で聞いたり、釣りブログなどでアジが釣れてる情報を
調べると良いと思います。 
アジ釣りは情報戦から始まっている

 一般的には盛夏〜晩秋がアジ釣りシーズンと言われ、初冬の頃には大型アジが釣れます。
 個人的には真冬のメバル釣りに釣れた事もありますし、春先に釣れた事もあります。

 大物アジの釣れるシーズンがあります。 先ずは地域情報を徹底的に調べてみましょう。

   ≫ 「釣り場の本」で楽天検索



大物アジの釣れる場所へ出掛ける

 特に大物アジを狙うなら、大物アジが釣れるシーズンが大切と言いましたが、釣り場も大切。
 小さいアジは回遊してた港でも、大きく成長したアジは来てくれない釣り場もありますし、
カサゴなどの様に居つく事は無く大きなエリアを回遊していきます。
 大きく成長したアジがウロウロしている地域へ足を伸ばす事も、大物アジング狙いなら
必要になります。 住んでいる地域が恵まれている人も多い!

 シーズンだけでなく、釣れているアジのサイズの地域情報も徹底的に調べましょう。

大物アジはパワフルです


 大物アジの魅力と釣り方、タックルなどの説明をしましたが、それほどかまえずに気軽に
出かければポロッと釣れちゃいます。
 大物アジになっても基本は群れています。 アジは肉食系なので目の前を泳ぐルアーを
夢中で追ってくるはず。 一匹が反応すれば、周りのアジも餌を探し始めるので、立て続けに
釣れる事も多く、そんな時間は1秒でも無駄に出来ませんのでタックルはシッカリとしてないと
駄目です。

 ヾ( ̄д ̄;) ラインが細すぎて切れたので待ってッ! ←アジは待ってくれません。

 大物にも慌てないタックルを準備して情報収集をしましょう。 実はテクニック云々よりも、
時期と場所が一番に大事なのです。 肝心の大物アジが居ないと釣れないしね。
 出来ればタモを用意しておくと安心。 最後に持ち上げていると、アジの場合ビチビチ
抵抗で逃げられる事も多いですよ〜。

 ヾ( ̄д ̄;) 今夜のオカズにするので待ってッ! ←アジは待ってくれません。



何ニャン ルアーフィッシング海のルアーアジング ≫ 大物アジ釣り      海のサイトマップ



■海のサイトマップ■

アジの魅力アジのルアー仕掛けアジングの釣り場アジングのコツ

アジングのルアーアジングタックル説明 │ 小物アジング



スポンサーリンク