何ニャン!ルアーフィッシング > 釣場の怖い話 > 第二十六話〜     道しるべ


 

釣り場で聞いた少し怖い話

 第7章( 二十六話〜   )


釣り場で聞いた少し怖い話  怖い話・第二十六話  不思議な通話 釣り場で聞いた少し怖い話


 この話は、渡船店で時々会う釣り人から聞いた話です。
 直接的なオバケとか、心霊現象の様な話ではないのですが、不思議な話で
あとから思い出せば出すほどによく判らない体験だそうです。
 幽霊を見てみたいわ!と言う豪快な人ですが、唯一の不思議体験だそうです。

 話を聞いた日から5年ほど前(2010年頃になる)、渡船で渡り何時ものように
半夜で釣りをしていたそうです。 特に狙う魚も決めずに電気ウキの釣りをして
いたそうです。
 肌寒くなってきた晩秋の頃で、チヌかメバルでも釣れれば良いなと思いながら
磯の釣り場に渡っていたのです。 
 秋と言えば釣れる魚も増えるので渡船店は、いつもより客が多く通いなれた釣場
は先客が居ました。 そこであまり渡らない磯場だったそうです。


 夜の8時半を過ぎた頃に、自分が釣っている場所から20メートルほど向こうの
暗闇にチカチカと点滅する何かを見つけました。 ここには先客は渡っていないと
聞いてたので別の渡船店からの釣り客かと始めは思っていたそうです。
 風もなく波もない日で、1時間ほど釣りをしましたが全く釣れません。 それよりも
気になったのが、ずっと岩の間でチカチカしている明かり。電気ウキか懐中電灯と
思っていたのですが、雰囲気が違います。
 なんだろう…? 懐中電灯か、漁師さんの漁具の照明?
 薄暗いながらも月明かりもあり、そこに人の気配も感じませんでした。

 どうにも気になったその人は、20m程なので行ってみる事にしました。
 釣り人なら少し釣果などを話してもいいか…程度の気持ちでした。
 
 岩の上を慎重に歩いていくとやはり釣り人の気配はありません。 それどころか
人の気配すらありませんが、岩の隙間にチカチカと光る灯があります…、

 「あッ携帯か」

 思わず言葉が出たそうです。点滅する照明は携帯電話のモニターでした。
 いわゆるスマホではなく昔ながらのガラケーで、それ程に古いタイプではなく
防水なので壊れずに流れ着いたのでしょうか?
 岩の間に挟まる様に転がっていたのです。
 携帯を拾い上げると小さい着信音と共にモニターに「着信中」の文字。
 携帯を忘れた人か、その知り合いか? どちらにしても、こんな場所に忘れて
いるので困っているだろうと思い通話ボタンを押したそうです。
 
 「もしもし」
 「…」
 「もしもし〜」
 コポコポ…と曇った雑音の様な音しかしません。
 壊れてると思った瞬間に、

 「…●…●●…●●…」  聞き取れないような音でしたが、何か名前の様な
言葉を繰り返しているようでした。
携帯電話
 「もしもしー、●●さん?もしもしー?」
 「…●●…」
 良く聞き取れませんでしたが、それでも名字が聞こえましたので携帯電話は
持帰る事にしました。

 その人は帰宅中にある交番に携帯電話を届けたそうです。 深夜と言う事も
あり警察官は当直の人が一人だけで
 「壊れてますね」
 「いえ、鳴ってましたよ、電話で●●さんと言う名前が聞こえましたから」
 拾った状況、場所、連絡先などを伝えて帰って寝たそうです。


 翌日は休日と言う事もあり、昼過ぎ頃に起きた時に、警察から電話があった
そうです。
 電話の持ち主は1週間程に、携帯電話を拾った場所から20q以上離れた
釣り場で行方不明になった人。 家族からの捜索願もあり、今朝に携帯電話を
拾った場所付近で遺体で見つかった事。 潮流が早かったのか、捜索範囲外
だったのでもしかしたら外洋に流れて見つからなかったかも、何よりも、
その人が伝えた●●さんと言う名前が一致していた事で、発見されたと言う事
でした。

 「あ、あの…私が聞いた名前は誰がしてきたんですか?」
 「携帯は壊れてましたので、たぶん雑音か何かかと思われます。」
 「…い、いや、でも…」
 警察官の壊れていたと言う説明に訳が判らない気持ちでしたが、また遺族から
連絡があるかもしれませんとの説明があっただけでした。

数日後、遺族から電話があったそうです。
 一通りの挨拶を終えて、思い切って電話があった事を聞いてみたそうです。

 携帯電話はその後に電源が入るようになり、落水したと思われる時刻からの
履歴類は何も残ってないそうです。

 「かなり流されていたみたいで、もしかしたら同じ釣り人のあなたに、助けを
求めたのかも知れませんね」と言い電話を終わりました。

 その時に、あのコポコポと言う雑音は水の中、波が掛かる雑音だったと
気が付きました。

 霊感も何も感じた事はない人で、幽霊・妖怪などは全く信じていない人なの
ですが、この不思議な体験は忘れられないと言う事でした。
 
もしかしたら、私たちが知らない不思議な事はあるのかもしれないと教えて
くれました。



  釣り場の怖い話に戻る 

 釣り場に渡る前に渡船店で聞いたこの話…
 (゚Д゚; 怖くて釣り行けんわッ!となる人も居て笑えました。
  ↑ これは僕。
 その釣り場には今でも時々は渡るそうですが、凄く良く釣れるようになった
ので秘密の場所だそうです。 




何ニャン > 釣り場の怖い話 > 第二十六話〜       道しるべ


  釣り場の怖い話(一話〜九話)はこちら


  釣り場の怖い話(十話〜十五話)はこちら
 
  釣り場の怖い話(十六話〜十八話)はこちら

  釣り場の怖い話(二十一話〜二十二話)はこちら

  釣り場の怖い話(二十三〜二十五)はこちら



スポンサーリンク