何ニャン!ルアーフィッシング淡水釣りヒッチ取付け ≫ 取付け方法      サイトマップ


ボートトレーラーを引張るヒッチメンバー


ヒッチ取り付け難易度に注意!

 まず取り付け難易度なるものを公開しているヒッチのメーカーもありますので調べるといいでしょう。
 ランク★〜ランク★★★まであり、ランク★は一切の加工なしで取り付け可能の車種を表します。
 ランク★★★はバンパー取外しや、各種加工などが必要なようで、このランクの車種でのヒッチ
工事は頼んだほうが無難だと思います。
 (四駆では滅多に無いです。セダンやワンボックスの車種に多い)
 僕のサーフは、穴あけ二ヶ所が必要でヒッチ取り付けランク★★でした。

 ヒッチ取り付け価格を調べてみました。 平均的な取り付け工賃と考えて下さい。
 難易度★      5,000円〜10,000円 
 難易度★★     10,000円〜20,000円 
 難易度★★★   30,000円程度 



ヒッチの購入方法

 ヒッチ本体の値段ですが、自分で取り付けるなら通販がお得です。
 その中でも抜群に安いのが、ヤフーオークション。 中古でよければ、新品の半額以下などが運が
よければ見つかります。現実に今回、僕が取り付けたヒッチが新品価格の1/3で落札されて
いたりしました。
 急がなければじっくりと探してみるといいと思います。 ヤフオクにはショップも新品を出品して
いますので、普通に買うよりは安いかもしれません。
 ただし、中古品は説明書とその他のボルトなどの部品が揃ってない場合が多いので注意。

 梱包サイズは180サイズほどになると思います。(ゆうパックギリギリ)


  SOREX製ヒッチならこちらが在庫豊富です。
    ■4WD&SUV PROSHOP RV SHUEI
    ■ネオネット・マリンのSOREX適合表


 ■SOREX製品ヒッチの説明書を公開しています。



ヒッチの取り付けの知識と道具

 車種にもよりますが、牽引フックを外したりしなくてはなりませんし、ヒッチの取り付けボルトに合う
レンチやスパナが必要になります。 
 配線を引くにしても車内に電源コードを引き込み、取り付けをしなければいけません。オーディオも
つけた事が無い人や、車載工具だけしかない…なんて人はショップに頼んだほうがいいかもしれません。
 配線コードの種類がわからなければ、テスターが必要になりますし、穴あけにはドリルも必要です。

 (^^)自分の技量とやる気で、どうするか決めましょう!



ヒッチの種類(ステンレスヒッチ・スチールヒッチ)

 ステンレスヒッチとスチール(鉄)ヒッチ、自分の車に取り付けた場合を想像してどちらかを選びましょう。
ステンレスヒッチは錆びにくく、銀色が多く配置されている車なら似合うかもしれません。
 昔のヒッチは塗装が弱く、良く錆びたらしいですが、SOREX製品などは厚みのある塗装で、剥げさえ
しなければ錆びそうにもありません。
 ・з・)まあ、海じゃないので錆は気にしなくてもいいでしょう。
 値段はステンレスの方が1.5万円ほど上がるようです。

SOREXステン製ヒッチ
 ステンレス製ヒッチは車で
似合うと似合わないが分かれるので
注意しましょう。

( ̄▽ ̄)o SOREXステンレスは、
こんな感じのヒッチになります。
 形はスチールと同じだと思います。



 
※凍結防止剤の良く撒かれる地域の人は、ステンレス製を選んどきましょう〜。

 ≫ 
ヒッチメンバーのページへ戻る 


 ヒッチ取付け道具 │ サーフのヒッチ取付け │ ヒッチの説明書



  




スポンサーリンク